記事

インタビュー:大株主C&Iの経営理解度に疑問=黒田電気幹部

[東京 12日 ロイター] - 大株主であるC&Iホールディングス(東京都港区)から社外取締役選任の提案を受けている電子部品商社、黒田電気<7517.T> の村橋和哉執行役(第二管理本部長)は、C&Iが経営の実態を理解しているかは疑問だとし、同社が先に開示した中期経営計画を全うする考えを示した。

そのなかで今後検討していくM&A(合併買収)の対象として、ヘルスケアや高機能化学素材のメーカーや商社などを挙げた。

村橋氏は12日、ロイターとのインタビューで、黒田電気が製造する商品は液晶パネルの配向膜印刷版造やケミカル(化学素材)など多岐にわたり、「いわゆる半導体商社の業態とはやや縁遠い」と指摘。半導体商社のM&Aの中枢になるべきとのC&Iの主張に対し、黒田電気のビジネスモデルを「本当に正しく理解しているのだろうか」と疑問を呈した。

C&Iは黒田電気に対し、企業買収を積極的に行い、中期経営計画にあげた数値目標の達成を前倒しすべきとしているが、村橋氏は、C&Iが主張するように業界再編に関わったとしても「(黒田との)シナジーは全くない」と話した。

さらに村橋氏は、これまでに同社は、インドネシアの自動車部品製造会社やタイの樹脂成型の金型製造会社など、5年間で7件のM&Aを行い、約170億円を投じたと説明。現行の中期計画では約160億円の投資を行う予定で、設備投資に80億円、M&Aに80億円をあてる予定という。

M&Aの対象候補としては、「ヘルスケアや高機能化学素材のメーカーや商社などを傘下にしたい」と話した。ヘルスケアは広範な領域だが、特に関心のある対象の一例として、使い捨ての医薬機器を挙げた。

元村上ファンドを率いた村上世彰氏の実娘、村上絢氏が最高経営責任者を務めるC&Iホールディングスは、黒田電気に対し、コーポレート・ガバナンスを向上させ、財務状況にふさわしい株主還元や財務戦略を検討するよう求め、村上世彰氏ら4人の社外取締役を選任する株主提案を行っている。

村橋氏によると、株主提案を受けた後に会った株主からは「(会社側を)支持すると返事を得ており、手ごたえを感じている」という。

株主提案の是非を問う臨時株主総会は21日に開催される。

(江本恵美、トム・ウィルソン 編集:石田仁志)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  5. 5

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  7. 7

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  8. 8

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  9. 9

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。