記事

"狼が来るぞ"で20年経ちました。

私が中国と関わりを持ち始めた20年前。 

世界の大多数は「中国? ああ、自転車の洪水の国ね」程度の認識しか持っていなかった。

「へ?中国で商売するの? 中国と貿易するの?なぜなぜどうして?」

まだ批判するほどの知識も関心も人々にはなかった。

私が本格的に香港市場で中国株投資を始めた10年前。

チャイナリスクについての本が書店に並んでいた。

「俺は今中国株投資に夢中なんだ」なんて人に堂々と言えなかった。

投資先が中国である事を銀行には隠していた。

そして今、中国は見事に発展した。

物質面だけじゃなく、特に教育や文化など国民の資質も大きく伸びている(まだまだ問題多いのは当たり前の事ですよ)

この成長の20年、中国のリスクばかりを追いかけ物事の本質が見えなかった、いや見ようとしなかった一見常識ある方は中国から何の恩恵も与えられなかった事だろう。少なくとも私はそういう多くのリスク論者の著書を読みつつも完全にバカにしてやってきたので中国投資以外では絶対に得る事ができない素晴らしい恩恵を賜わる事ができた。

正直私は中国の経済成長について疑問を持ったり投資に腰が引けた事はネバーエバー金輪際一度もない。

なぜそこまで自信があったかと言えば、途中いろいろ問題があろうとも、根本的な部分つまり「もう中国人に火がついてしまった」事を体感として実感していたからだ。

最近中国株をやり始めた人から見ると滑稽に見えるかも知れないが、私が本土株や不動産を買っていた当時「いざとなれば共産党政府の転覆で財産を没収されるぞ」といつも窘められていたものだ。そういう意味からするとすでに賞賛の声が多い今からの中国投資にはもうそれ程の旨みは残っていないのだろう。最近読んだ日本の経済本二冊(榊原と副島)両方に中国が投資先として有望と書いてあった。

これからの中国投資、過去20年間チャイナリスク評論をしてきた方は「これからが一番危険なんです」と言うだろう。

でももう20年過ぎてしまったんですよ。

もうどうやっても中国投資で得た恩恵がマイナスになる事はない。

必要以上にオドロオドロしい表現でチャイナリスクを煽ってきた方に一言言いたい。

"狼が来るぞ"歴20年の方を世の中では嘘つき若しくは分析能力や判断能力が著しく劣る人と呼ぶんですよ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  10. 10

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。