記事

モスクワ空港に2カ月籠城した日本人男性 ロシア人の琴線に触れたものとは? - 織田重明 (ジャーナリスト)

日本のメディアはほとんど報じることがなかったが、ロシアで先月末から今月上旬にかけて、有名人となった日本人がいる。この日本人についての報道から、国際舞台で欧米各国を振り回すロシアの対米感情をうかがい知ることができるのではないか。

今月5日、36歳の日本人男性がモスクワから日本に帰国した。帰国までに男性は、モスクワ近郊にあるシェレメチェボ空港の国際線ターミナルに2カ月以上にわたって住みついていた。

5月29日の現地時間午後7時発東京行きのアエロフロート262便に搭乗するはずだったこの男性。出国手続きを終え、ボーディングブリッジに向かう途中の制限区域で突如として帰国便に乗ることを止め、そのまま区域内にとどまることを決めてしまう。男性は観光ビザで入国しており、有効期限は5月1日から30日間。ビザが切れても、制限区域内にいるかぎりロシア国内の法律の適用対象外で強制退去の対象となることもない。

この男性のことが一斉に報じられたのは、2カ月が経った7月31日。ロシア国営テレビ局の朝のニュース番組は、「シェレメチェボ空港が日本人ジャーナリスト・自由思想家の避難場所となった」として、男性が日本への帰国を拒否し、ロシア国籍の取得を希望していると伝えた。

この時のニュースでは、この男性が制限区域内の柱のかげにスーツケースや寝袋などを広げて生活している様子が映し出された。所持金が底をつき、「私は食事をしたいです。お腹がすいています」と書かれた紙をカバンに張りつけ、空港関係者から奢ってもらったとおぼしきハンバーガーを美味しそうに頬張るシーンまではさまれている。別のメディアには、本人のパスポートの映像まで映し出された。そこには本籍が静岡県とあり、取材した記者には、自分の職業をジャーナリストと答えている。

トム・ハンクス主演の映画『ターミナル』を地で行く
「新しいスノーデン」、「第二のスノーデン」

トム・ハンクス主演の映画『ターミナル』を地で行くかのようなこの男性は、ロシアではテレビや新聞、ネット・メディアで大々的に報じられ、日本でもロシア・メディアの報道を転載する形でごく短く報じられた。男性の不可解な動きがロシアのメディアに受けた背景には、多くのメディアが「新しいスノーデン」、「第二のスノーデン」という見出しをつけたことからわかる。

スノーデンとは言うまでもない。米国の※国家安全保障局(NSA)が行っていた世界的規模での盗聴の実態を暴露した挙げ句、モスクワに逃亡し、二週間にわたって同じシェレメチェボ空港に滞在し(こちらは制限区域内のホテルだが)、その後、ロシアへの亡命が認められた人物だ。

※「国土安全省」から修正しました。

男性は、国営テレビのインタビューに帰国を拒否する理由についてこう説明している。

「我々はいまだに米国に占領されており、不愉快な親米プロパガンダがまかり通っているのです」

「誰もがウソをつき、欺瞞だらけの場所に帰るよりは、私は飢えてもこういう人生のほうがいいのです。私は大手の日米企業で働いていたことがあり、多くを内部から見ていました(中略)いま私はロシア国籍を取得したいと思っています。もうロシア政府に申請も書き、警察官にそれを渡しました」

日本が米国の言いなりとなっているがゆえに、欺瞞だらけの国となっている。だから自分は日本を捨ててロシア国籍の取得を望んでいる……。日本人ジャーナリストが語るそんなストーリーにロシアのメディアが飛びつかないわけがない。

クリミア併合やウクライナ東部へのロシア軍の介入をめぐって厳しい経済制裁を受けているロシアでは反米感情が高まっている。米国の最も緊密な同盟国であるはずの日本のジャーナリストが、米国を断罪してくれるのだから、ロシア人にとって胸のすく話なのだろう。

これらの報道には、官製のお手盛りの可能性を考えるべきであろう。メディアの立ち入りが規制される制限区域内で撮影された映像がふんだんにあるが、ここを管理する当局の許可なくしては取材も不可能だ。ロシア政府による反米プロパガンダに利用されたとみるのは深読みしすぎか。

科学技術、和食、アニメに、村上春樹
ロシア人は親日的

もっとも、こうした政治的な側面だけでなく、この男性が他ならぬ日本人だったというところがロシア人の琴線に触れたのかも知れない。ニュースをみたと言ってロシアの知人がこうメールしてきた。

「TVの映像でみるかぎりでは、2カ月もの空港暮らしにもかかわらず、空港内のトイレで洗顔をして清潔さを維持し、いつもYシャツにネクタイ姿。荷物も整理整頓して散らかさない。まさに私たちがイメージするとおりの日本人!」

ロシア人は親日的だ。科学技術や和食、アニメに、村上春樹に代表される日本文学を好きだというロシア人は多い。日本人が空港に籠城しロシア国籍の取得を希望しているとのニュースに興味を持たないロシア人はいないだろう。ただ、所持金がつきたから食事を恵んでくれというような人物が日本の代表とされるのは、どうかとも思う。

モスクワの日本大使館の職員が男性に面談して健康状態を確認した際に、本人に帰国の意思を問いただしたが、聞く耳を持たずお手上げだったという。その後、男性はどういうわけか翻意して帰国したが、公然とロシア国籍を取得したいと言ってのけた人物だけに、日本の情報当局も調査を行った。

詳しくその内容に触れるのは、はばかれるが、男性が自称したジャーナリストという職業については、そもそもジャーナリストとしての活動の実績は見当たらないという。ジャーナリストなんて記事を書いてなくとも、そう名乗ったその日からジャーナリストだと言えてしまえるような職業ではあるが、大々的に報じたロシアのメディアも一杯食わされていたことになる。もっとも、プロパガンダに利用したロシア側にすれば、ジャーナリストかどうかなどさして問題ではなかったのかも知れない。

【関連記事】
ロシアにも宣戦した 「イスラーム国」の脅威
ロシアの軍事介入を暴く 「兵士たちのセルフィー」
巨大な隣人・中国とロシアはどう向き合うのか?(前篇)
今こそ、北方領土四島一括返還 最後のチャンスだ
日本人ジャーナリストら4人が不明 シリアで誘拐か、と米有力紙

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  8. 8

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  9. 9

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。