記事

政府に貧困を減らすことはできない

オバマは財政再建のためになりふり構わず金持ち増税による歳出増という策を打ち出した。まあ、共和党が賛成しないから、実施されることはないだろうが。。。

サヨク的でポピュリストの彼らしいやり方である。

もちろん、日本でも「国民の生活が一番」といって「なんちゃって」弱者に金をばら撒けば、貧困がなくなり世の中がよくなると思っている政党が政権の座にある。

アメリカではジョンソン大統領が「貧困との戦い」というのを始めたらしい。様々な社会福祉政策を打ち出していった。そして、アメリカがより福祉国家的になっていく道を作ったわけだ。

では、本当に貧困は減ったのだろうか?

グラフ
(http://www.cato-at-liberty.org/dramatic-increase-in-poverty-rate-one-small-step-for-obama-one-giant-step-for-the-so-called-war-on-poverty/より)

一目瞭然で、貧困との戦いが始まって以来、貧困は減っていない。

政府が貧困を減らすといっていろんな政策を行っても貧困は減らないのである。むしろ、貧困を減らしたのは1945-1970年代まで続いた経済成長であったようだ。

お金を配れば配るほど人々は働こうというインセンティブを失う。人々は不景気やその他の突発的に所得が急減する要因に供えてお金を蓄えようというインセンティブを失う。家族や地域社会での助け合って生きていこうというインセンティブを失う。

そして、それらは却って経済成長を停滞させることにもなる。経済成長なくして貧困は解消されない。

だとしたら、政府による福祉政策に何の意味があるのだろうか?

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。