記事

【安保法案】 創価学会前でママデモ「公明党を平和に目覚めさせて」

画像を見る
創価学会・信濃平和会館前で静かに反戦をアピールする母親たち。=8日、新宿区信濃町 写真:取材班=

 「公明党を平和に目覚めさせて」・・・戦争法案に反対する母親たちが8日、創価学会本部前でサイレントデモを行った。(主催:Mamademo)

 全国各地で学会員が公明党を突き上げているが、まだ奔流となっていない。公明党が立党の精神に立ち返り、自民党から離反すれば戦争法案は廃案となる。公明党内の一枚岩が崩れるだけでも十分だ。

 『公明党に最も影響力のある創価学会を突き動かそう』。Mamademoの母親たちは、創価学会・信濃平和会館前で学会員に静かに訴えた。

 声は出さずにプラカードを掲げた。「創価学会は平和主義。公明党員たちは?」「安保法案は平和の党にふさわしくないのよ」・・・学会員が黙ってやり過ごせない文言が並んだ。

 お経を唱えに信濃平和会館を訪れた学会員が次々と足を止め、母親たちに話かけてきた。

 50代の男性信者は「学会員の中にも安保法制のことを考えていない人がいるから、一人ひとりと対話している」と明かした。

画像を見る
「学会員の中にも『公明党はこんなのでいいのか?』という声がある」。読経を終えた学会員は母親たちに話しかけてきた。=8日、創価学会信濃平和会館前 写真:取材班=

 「●●区の公明党区議だったら(Mamademoと)話をしてくれますよ」。こう教えてくれたのは70代の女性信者だ。

 年配者ばかりでなく若者も足を止めた。創価大学の女子学生(4年生=22歳)だ。

 「(安保法制に)無関心な学生もいるが、おかしいと思う学生も多数いる。法案に反対するグループを学校で作りたい」。彼女は真剣な まなざし で話した。

 サイレントデモを90分続けている間に、9人の学会員が話しかけてきた。

 主催者の一人は「(学会員と)いい話ができた」と語った。

 前日(7日)、公明党本部前で同様のサイレントデモをしようと出かけたが、本部ビルの手前で警察に阻止された。

 8日は警察が出て来なかった。一宗教団体であり公党ではないからだ。

 「7日と8日を比べたら闇と光ほどの差があった」と彼女は語る。母親たちは十分に手ごたえを感じた様子だった。

    
   ◇    ◇

読者のご支援により『田中龍作ジャーナル』は続いています。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  9. 9

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。