記事

アメリカの戦争に巻き込まれるというデマを暴く

平和安全法制が参議院にて審議されているが、反対派は「戦争法案」「徴兵」「核兵器輸送」等など、【反対ありきの議論】しか聞こえてこない。マスコミの論調もほぼ同じである。

中でも、「アメリカの戦争に巻き込まれて自衛隊が地球の裏側まで行く」というよくもまあ、こんなデマを国会議員が議会で堂々と言えるものだと怒りを通り越して悲しくなってします。

反対派の訴える【反対ありきの議論】「集団的自衛権でアメリカの戦争に巻き込まれて自衛隊が地球の裏側まで行く」との主張は

この法案がさも「戦争法案」であるとデマを拡散することの理由づけにしているようだ。

これは完全に破たんした主張である。

たとえて言うならば、大手コンビニチェーンに地方の販売店が加盟すると大手の海外進出に連れていかれるなどということが果たしてありえるだろうか。

あくまで地方販売店は大手の支援を受けながらも自助努力の上、自店舗業務を行っている。

勿論、自身の商圏にライバルが出現すれば、生き残りをかけて本部とともに力を合わせて戦うだろう。

これが、今回の集団的自衛権の一部容認の真相だ。

本部の海外展開に地方販売店が駆り出されるものでは決してない。

資本力・資金力・人員も少ない地方販売店が加盟契約をする際に、役員会で「大手と協力すれば海外展開に巻き込まれてうちの会社の従業員が地球の裏側まで行かなければならない」と言っていると同じくらいにありえない破綻した理論であり「低俗なデマ」である。

軍事力と経済力の裏付けに伴う外交交渉によってバランスを保っている状態が「平和」と呼ばれている。

以下の各国の軍事支出のバランスと地域環境を考えれば、アメリカの戦争に【巻き込まれる】などという主張がいかに国民をばかにした主張であるかが理解できるのではないだろうか。

【次号に続く】

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  5. 5

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。