記事

ホールド・ミー・タイト

美容院で普段政治の話なんかしない女性の美容師が
こう語る。

「安倍さん、一体どうしちゃったんですかねえ?」

「平和のためとか、国民の命を守るためとか言いながら、
どんどん自衛隊を出していくんでしょ?」

「武器もなんでも運ぶって、ミサイルも運ぶって、
恐くないですか?」

「それで平和ナントカ法とか言うんでしょ?」

「おかしくないですか?変ですよねえ」

うなずくしかない。

教えてやることもない。

その通りなのだからしょうがない。

お天気の話をするように、女性たちが安保法制を
語っている。

こんなに女性に嫌われる政治家は戦後初では
ないだろうか?

だが安倍晋三の関心は女性にはない。

恋焦がれて抱き付きたいのはアメリカだ。

ホールド・ミー・タイト!アメリカ!!

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  4. 4

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  7. 7

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  8. 8

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  9. 9

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    首相を猛批判 小泉今日子に変化?

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。