記事

ホールド・ミー・タイト

美容院で普段政治の話なんかしない女性の美容師が
こう語る。

「安倍さん、一体どうしちゃったんですかねえ?」

「平和のためとか、国民の命を守るためとか言いながら、
どんどん自衛隊を出していくんでしょ?」

「武器もなんでも運ぶって、ミサイルも運ぶって、
恐くないですか?」

「それで平和ナントカ法とか言うんでしょ?」

「おかしくないですか?変ですよねえ」

うなずくしかない。

教えてやることもない。

その通りなのだからしょうがない。

お天気の話をするように、女性たちが安保法制を
語っている。

こんなに女性に嫌われる政治家は戦後初では
ないだろうか?

だが安倍晋三の関心は女性にはない。

恋焦がれて抱き付きたいのはアメリカだ。

ホールド・ミー・タイト!アメリカ!!

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。