記事

ホールド・ミー・タイト

美容院で普段政治の話なんかしない女性の美容師が
こう語る。

「安倍さん、一体どうしちゃったんですかねえ?」

「平和のためとか、国民の命を守るためとか言いながら、
どんどん自衛隊を出していくんでしょ?」

「武器もなんでも運ぶって、ミサイルも運ぶって、
恐くないですか?」

「それで平和ナントカ法とか言うんでしょ?」

「おかしくないですか?変ですよねえ」

うなずくしかない。

教えてやることもない。

その通りなのだからしょうがない。

お天気の話をするように、女性たちが安保法制を
語っている。

こんなに女性に嫌われる政治家は戦後初では
ないだろうか?

だが安倍晋三の関心は女性にはない。

恋焦がれて抱き付きたいのはアメリカだ。

ホールド・ミー・タイト!アメリカ!!

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  7. 7

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  8. 8

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  9. 9

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

  10. 10

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。