記事

公明党の立ち位置

参議院での審議が続いている安保法制ですが、参議院では衆議院と異なり、自民党が単独で過半数を持っていません。法案を通すためには連立与党の公明党の賛成が不可欠です。つまり、参議院では公明党がこの法案の命運を握っているわけです。

公明党からすれば、公明党が牽制・ブレーキ役になっていると自負しているのでしょうが、今の公明党は自民党に引きずられて、どんどん変質しているように見えます。

国民の多くが安保法制に対して理解が進まず、説明が足りてないと思うということは、公明党の支持者にも同じことが言えるでしょう。実際、公明党本部前でも支持者と思われる方の安保法制反対デモも行われており、難しい立場であることは察しがつきます。

ここまで揉めに揉めている法案を、拙速な成立はさせるべきではないとして公明党がストップをかける側に回るのなら連立の牽制・ブレーキ役として機能していると評価されることになるでしょうが。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  2. 2

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  3. 3

    桜を見る会 予算の内訳説明せよ

    大串博志

  4. 4

    天皇制に脅かされる「国民主権」

    五十嵐仁

  5. 5

    病気だけはネットで検索するな

    幻冬舎plus

  6. 6

    YouTubeが足切りへ 衰退は必至か

    諌山裕

  7. 7

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    Apple製品にも影響?LGの大量廃棄

    tenten99

  9. 9

    世代間格差? 共働きで年金増える

    BLOGOS編集部

  10. 10

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。