記事

公明党の立ち位置

参議院での審議が続いている安保法制ですが、参議院では衆議院と異なり、自民党が単独で過半数を持っていません。法案を通すためには連立与党の公明党の賛成が不可欠です。つまり、参議院では公明党がこの法案の命運を握っているわけです。

公明党からすれば、公明党が牽制・ブレーキ役になっていると自負しているのでしょうが、今の公明党は自民党に引きずられて、どんどん変質しているように見えます。

国民の多くが安保法制に対して理解が進まず、説明が足りてないと思うということは、公明党の支持者にも同じことが言えるでしょう。実際、公明党本部前でも支持者と思われる方の安保法制反対デモも行われており、難しい立場であることは察しがつきます。

ここまで揉めに揉めている法案を、拙速な成立はさせるべきではないとして公明党がストップをかける側に回るのなら連立の牽制・ブレーキ役として機能していると評価されることになるでしょうが。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  5. 5

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  8. 8

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  9. 9

    日本企業は本社を地方に移転せよ

    川北英隆

  10. 10

    英王室兄弟の仲を引き裂いた一言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。