記事
  • ヒロ
  • 2015年08月08日 10:00

今週のつぶやき

今週もいろいろありましたがその中から経済を中心に気になる話題をいくつかカバーしていきたいと思います。

まず、定例のアメリカ7月度雇用統計はニュースとして注目すらされない当たり前の数字の着地となりました。事前予想の225千人増にやや届かない215千人増、5月、6月分も若干上方修正されました。失業率は変わらずの5.3%で賃金は0.2%増、U6は10.4%と1ノッチ改善という数字が並び、文句もつかないけれど、どこをとってもニュース性がないということなのでしょう。

以前に申し上げたようにアメリカの雇用に関してはほぼFRBの満足する水準に達しているはずで唯一気になるとすればU6がまだ二桁であることと賃金上昇率が年換算で2.1%プラスでやや不満足というところでしょう。よって懸案の利上げ議論に於いて労働市場の改善についてはもやは主たる項目ではなく、インフレについてどう捉えるか、ここに絞られると思います。

イギリスも今年か来年早々の利上げの可能性が出ています。カーニー総裁は実に切れ者でかつてカナダ中央銀行の総裁をしていた時もカナダ経済をうまくコントロールしていたと思います。カナダ経済が今の総裁になってからとたんにダメになった一部の理由は総裁の能力によるということでしょうか?とすればその議論を日本の中銀総裁に当てはめるとこれまたいろいろな評価があると思います。基本的には悪くないのですが、インフレに対する思想は甘すぎると思います。

折しもかつてのボンド王、ビル グロス氏がラジオでグローバル経済はデフレの危機に直面していると述べています。氏の注目点はCRB商品指数(原油、金、農業、畜産など19品目の指数)がリーマンショックの時よりも下がっていますが、同指数はタイムラグが少ない点を踏まえ、今後、インフレの下押し懸念を指摘しています。他方、イギリスが先日予想を覆す反対数(8-1)で利上げしなかったことと比較しながら、アメリカは9月に精神論的に利上げをするだろうと述べています。

原油価格の下押し具合は危険水準でこれを書いている北米金曜日の朝で44ドル台半ばとなっています。金銀銅の壊滅的な価格下落を考えれば原油も弱含みでインフレ率の改善が遠い点はグロス氏の指摘の通りでしょう。また、バフェット氏のバークシャー社がQ2で37%も利益が下落したことはNY株式にもハンマーとなりそうです。さてさて、来週はどうなることやら。

次に行きます。今さら東芝の話もなんですが、イギリス エコノミストに実に面白い記事が出たので一言だけコメントしたくなりました。タイトルは「改ざん指示なしの特異性」というもので要は社長が具体的指示をしていないのに部下が勝手に1500億円強もの不正会計をしでかしたという外国人の目線の記事であります。

いわゆる「一を知って十を悟る」という日本の良さが逆に働いたわけで特に海外の記者からは奇異な国と映るのでしょう。海外で外国人のスタッフを使うときはかなり細かに指示をしなくてはいけません。理由は権限の問題でジョブディスクリプションにその制約がきっちり記載されるケースが多いからです。つまり、海外では昇進や評定の基準は権限をどうもらえるかにかかっているともいえます。

その中で東芝のケースは社長が「どうにかしろ」と言ったら1500億円出てきたようなものでドラえもんのポケットか神のささやきぐらいのものなのでしょう。ドラマチックに言えば「俺たちが会社を支える、だからこの秘密は俺たちが墓場まで持って行くぞ」というノリに近いのでしょうか。完全に小ばかにされた記事ですが、この問題は東芝だけに限らないでしょうからドラキュラのシーズンだけに他でも墓石が開けられないかやや気になります。

最後に嵐が止んだ上海株式市場について考えてみましょう。金曜日は3744ポイントで終了しています。メディアは政府がとてつもない資金を株式市場に投入し買い支えしており、歪なマーケットである点で一致しています。私も同感です。

これをもう少し冷静になって考えると8割以上を個人投資家が占め、株価や企業の分析能力もなく、ちょっと株をかじった人からの囁きが天の声だと思い、借金して株の世界にどっぷりつかったツケが回ってきたのが今の状況です。では、これからまだまだ下がるのか、といえば私は必ずあるところにぶち当たり、真の企業価値に裏付けされた株価で止まるとみています。それがどこか、でありますが、私はさほど遠くない時期のような気がしています。

一部の西側諸国による分析からはPERも日欧米より低くなっていますから外国のマネーが香港市場を介して中国株の底値拾いを展開するかもしれません。株価とは戦後70年談話報告にある韓国の「理性と心情」ではありませんが、論理と心理であって我々がもっと下がると思う気持は本当は「下がれ、下がれ」という心情なのでしょう。アメリカの4倍の人口を持つ国なのですから経済の基礎代謝がある点は見落としてはいけないと思います。これは好き嫌いの問題ではなく、あくまでも投資の観点です。

今日はこのぐらいにしておきましょう。

あわせて読みたい

「東芝」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  3. 3

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    「世襲議員」は是か非か、制限することは可能なのか。まずは政治資金団体を課税対象にするのが現実解?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月27日 10:14

  6. 6

    ソフトバンクG株が連日の新安値、8カ月ぶりに7000円割れ

    ロイター

    07月27日 11:16

  7. 7

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  8. 8

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  9. 9

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  10. 10

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。