記事

国家が発展する条件とは?(3) 新興国はそれを備えているのか?

中国の発展の勢いはBRICsをはじめとする新興国の中でも群を抜いている。一面的な解説としては『国家主導の発展』などといわれる。

本当にそうなのだろうか?

すでに社会主義経済で大きく失敗した中国が国家主導の発展を今更なし遂げられるのだろうか?

僕自身は中国が発展する理由は(政府発表の経済指標が正しいとすれば)、やはり『市場経済』を一番上手く取り込み、またその国民性が一番マッチしているからだと思っている。

もちろん、僕は中国の専門家でもなんでもないから、細かいところはわからない。また、バブル的な側面が伝えられているのも事実でそういった可能性があることも否定はしない。

しかし、たとえば、前々回挙げたような要素を考えるとどうだろうか?

*貯蓄率
*信頼・倫理感
*勤勉さ・自己責任
*教育水準
*適度な愛国心

たとえば、信頼や倫理感など中国にはない!ということを言う人も多いだろう。しかし、信頼や倫理がなければ市場は成り立たない。そして、現実に中国経済はどんどん発展している。以前、こういった調査結果を紹介した→。これによると、中国の人々は意外と信頼し合っているというのである。もちろん、先進国が上位に来るのは当然だが、同じような新興国の中での中国のスコアは群を抜いている。(参考→中国が発展する理由 意外と人々は信頼しあっている??

勤勉さや自己責任を持っている国民性であることは想像に難くない。

また、中国においては拝金主義や倫理感の欠如が伝えられる。これは問題な面がある一方で、ほどよく血縁や地縁にこだわった社会のあり方をつぶすのに役立つと僕は思っている。

極端な血縁・地縁へのこだわりは人間の流動性を失わせ適切な人的資源の配分を妨げるからだ。「長男は地元で家を継ぐもの」という考え方や「女性には教育はいらない。女性は家で家事をしておけばよい」という考え方が行き過ぎると経済・社会が停滞することはちょっと考えればわかるはずだ。

このように考えていくと中国の発展はある意味で当然といえる。また、国家統制が強いと思われているようだが、たまに出てくる新聞報道を見ると「地方政府」の力の強さが言われることもある。そういった要素を考えても中国が国家主導で経済発展を遂げているとは考えにくい。

もちろん、財産権や著作権などがしっかりと確立されてないと言われるし、汚職などがはびこっているとも言われる。こういったっ点は明らかに成長にマイナスであることは間違いない。そのあたりのバランスはどうなのだろうか?改善点はまだまだあるだろうが、意外と取れているのかもしれない。

僕自身は別に中国に媚を売るつもりはないし、どちらかといえば嫌中ではある。民主主義や言論の自由がまだ足りてない部分も多いだろう。しかし、中国という国は国民性を含めて発展する要素を新興国の中でも一番持っているのではないか?と考えるのである。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  5. 5

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  8. 8

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  9. 9

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  10. 10

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。