記事

キヤノンの夢の“完全自動化”工場へ

キヤノンは、デジタルカメラの生産を完全自動化すると発表しました。
18年をメドに一部モデルを完全自動化する計画で、実現すれば、15人から20人必要な工程が、2~3人で済むようになり、コストは2割程度削減できる見込みです。

一眼レフカメラの基幹工場である大分キヤノン、小型カメラの長崎キヤノンなど国内4拠点の生産ラインを、順次自動化する計画です。

キヤノンの社長兼会長CEOの御手洗冨士男さんは、95年の社長就任以来、生産改革を進め、国内生産維持、そのための省人化、コストダウンに挑戦してきました。

90年代には、ベルトコンベアーによる従来の「ライン生産」方式に対して、作業員が複数の組み立て工程を受け持つ「セル生産」方式の導入を進めました。生産効率を高める、「プロセス・イノベーション」です。

しかし、「セル生産」は、中国や東南アジアなどの企業にキャッチアップされました。00年代半ばには、独自開発の製造装置を使って、人の手と機械を組み合わせ、人手を従来の半分に減らした「マシンセル生産方式」を行いました。
そして、次に目ざしたのが「無人化」すなわち「完全自動化」です。

私は、何度か御手洗さんにインタビューしましたが、05年にお会いした際、「無人化」構想を聞きました。すでに、次のように語っていました。
「セル方式はマスターした。その次は、やはり、自動化だと思うんですね。自動化による少人化、ロボットを交えた少人化による品質確保とコストダウン。もちろん、ものによっては無人化を頭に入れています」

キヤノンは、人件費を極限まで削減し、生産コストを抑えた「無人化」ラインをめざし、川崎市に広大な敷地を購入して生産技術本部を置き、ずっと研究を進めてきたわけですね。

キヤノンのデジカメ生産の「無人化」は、12年に「15年をめど」と報道されたこともありましたが、これまで実現していませんでした。それだけ、課題が多かったのでしょうね。

今回、大分キヤノンは、関連する研究開発を担う「総合技術棟」を、大分県国東市に新設します。10年を超える長きにわたって挑戦を続けてきた、キヤノンの“完全自動化”工場は、実現に向かって、いよいよ動き始めたというわけですね。
息の長い挑戦は、まだまだ続きますね。

あわせて読みたい

「キヤノン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

  4. 4

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  5. 5

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  6. 6

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  7. 7

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  9. 9

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  10. 10

    政府の五輪感染対策に批判殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。