記事

礒崎総理補佐官の参考人招致「延々求めていく」榛葉参院国対委員長

 榛葉賀津也参院国会対策委員長は5日、国会内で記者会見し、(1)参院安保特別委員会での質疑(2)礒崎総理補佐官の参考人質疑(3)今後の審議予定――などについて語った。

 参院での安保法案の議論について、先週の北澤筆頭理事の本会議での代表質問に始まり、参院安保特別委員会でいい質疑が続いていると評価し、「議論すればするほど立法事実が揺らいでいく。最初はホルムズ海峡の機雷除去と言っていたがその立法事実が崩れ出し、機雷敷設の想定がイランから中国に変わったり、米艦防護も日本がする必要があるのかという議論を昨日も小川敏夫議員がしていた」と振り返った。

 また、法案の中身の議論とともに、安保法案をめぐり「法的安定性は関係ない」と発言した礒崎総理補佐官の参考人招致が特別委員会で行われたことに触れ、「鴻池委員長のご英断を受け、(総理補佐官が参考人招致されるという)過去に前例がないことが行われたわけで、自分が(職に)とどまれば、総理やこの法案に関わる多数の人に影響があるだろうと考えて辞表を出すのが普通の政治家の判断だ。政治家の最も大切な資質のひとつが空気を読むこと。礒崎さんは立派な官僚だったかもしれないが、政治家としてはまったく空気が読めていない」と批判。参考人質疑の冒頭で鴻池委員長から厳しく叱責される場面があったことにも触れ、「委員会に出てこいということは、週末までに判断してきれいに身を引けということを示唆されたのだと思う」と述べた。「衆院でも予算委員会での参考人招致を求めているが、われわれも(先の参考人質疑では不十分だったので)引き続き礒崎総理補佐官の参考人招致を求めていく。延々と理事会で招致を求めていくことになるが、応じなければ審議にも影響が出かねない」との見通しを語った。

 他の委員会でもしっかりとした質疑が行われているとして、厚生労働委員会では漏れた年金のみならず労働者派遣法改正案、同一労働同一賃金に関する議論を行っていると説明。文部科学委員会では新国立競技場の問題に関して蓮舫議員が63分の質疑に1人で立つ予定だと語った。また、法務委員会ではヘイトスピーチの議論が4日の趣旨説明を皮切りに6日の委員会で質疑が行われることになると述べ、「何とか成案を得るようにがんばってほしいし、これを処理しない限り刑訴法の議論には入れない」との見通しを語った。現在農協法の議論が行われている農林水産委員会ではTPPの問題も追及していくこと、予算委員会集中審議の開催を求めて協議していることなどを説明した。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「礒崎陽輔」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

  3. 3

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

  4. 4

    昭恵氏が自殺職員妻に送ったLINE

    文春オンライン

  5. 5

    ワークマン 陳列変え2倍売る秘策

    fujipon

  6. 6

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  7. 7

    ハイターで消毒…教師たちの悲鳴

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    感染爆発ならGoToは世紀の愚策に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  10. 10

    中国の弾圧を見逃す感覚は捨てよ

    倉本圭造

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。