記事

未熟な国会議員はますます発言できなくなる

暑い毎日が続いていますね。

平日は日々街頭演説と訪問活動に力を入れています。

週末は夏祭りのハシゴです。

こんばんは、静岡8区のげんまけんたろうです。

ますます不信を買う政治家の言動


現役衆議院議員のグラビアも驚きましたが、自民党の若手議員の脇の甘さを指摘する報道が目立ちます。

確かにグラビアは、まったく国会議員のすることとしておかしな話という前提ですが、彼女の目的は目立つこと、に違いなく、わかりやすい。

しかし、これは一体閲覧者にどう思われたかったのか、理解に苦しみます。

熊田議員が悪ガキ自慢

一般的にこうした悪ガキ自慢は男性社会ではよくあることですが、基本的には未熟な若者がよくやることです。

「俺は実はワルなんだぞ。見くびるなよ」

というところです。

しかしこれ、よくあることだからこそ聞き手にはすぐにその底が見えてしまい、誰も「おー、すごい!」なんて思わないことは、これまた常識です。

そんなことすらわからず、国会議員になってまで悪ガキ自慢するとは、なんとも未熟でみっともない話です。

揚げ足取りは政治家を萎縮させる


そうはいっても、政治家が失言しないように、みんなからよく思われるように、そんな風に考えれば考えるほど、

当たり障りのない、どっちつかずの発言が増えて、結果的に政治離れを増長させる一面があります。

やはり信じることを直言できる政治家を国民は求めていますから。

ですからあまり言葉尻を捉えてバッシングすることは望ましくないと思いますが、しかし、それでもやはり政治家は言葉や表現に気をつけ、責任を持たなくてはいけません。

今回の悪ガキ自慢はレベルの低さを露呈したまででしたが、磯崎総理補佐官の「法的安定性は関係ない」という発言はとんでもないものでした。

武藤議員のTwitterも随分と見識のないつぶやきだったと思います。

お二人にはしっかり反省して責任を持ってもらって、国会では与野党含めて早くまともな議論をしてもらいたいと切に願います。

それでは、また。

あわせて読みたい

「失言」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  10. 10

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。