記事

【派遣法】女性労働者 廃案求め女性国会議員に要請

画像を見る

「生涯貧乏法案」の廃案を目指し、手に手を取り合う女性国会議員と女性派遣労働者。=5日、参院会館 写真:筆者=

 「戦争法制」の影でもう一つの恐ろしい法案の審議が進んでいる。労働者派遣法の改悪だ。

 改悪派遣法の2大特徴は―
3年ごとに人を変えさえすれば、その業務を永久に派遣労働者で賄える。一方、これまで比較的安定した長期雇用契約を結んでいた専門26業種(※)の派遣労働者は3年で切られる。

 生涯派遣法といわれるゆえんだ。一生、不安定な働き方をしなければならない。当然、賃金は安く収入は正社員の3分の1だ。

 女性は全非正規労働者の7割以上を占める(総務省・2012年)。彼女たちにとって労働者派遣法の改悪は死活問題である。

 女性の派遣労働者たちが、今夕、女性の野党議員に「改悪・労働者派遣法」の廃案を求める要請書を手渡した。(主催:派遣向上フォーラム)

画像を見る

「人が生き続けるのに関連する法案。絶対に通してはダメ」。懸命に訴える女性派遣労働者。マイクの奥は国会議員。=5日、参院会館 写真:筆者=

 派遣向上フォーラムの宇山洋美・代表(56歳)は、15年間、同一の派遣先で専門職として働いてきた。派遣先の企業は派遣法案の可決成立を見越しているのか、彼女に「次の契約更新はない」と告げたという。

 「賞与(ボーナス)はなし、交通費もなし、退職金もなし。正社員の半分以下の給料。派遣の問題は女性の問題だ。

 どうして今の派遣法ができたのか、どうして止めてくれなかったのか、と次世代に言われる。負の財産を次世代に残さないために食い止めたい」。宇山さんは血を吐くようにして訴えた。

 「改悪・労働者派遣法案」は先月衆議院で強行採決され、現在参議院で審議中だ。

 現行法のままだと10月1日に「みなし制度」が施行され、経営者は3年を超えた派遣労働者に対して直接雇用を申し入れなくてはならなくなる。

 このため経団連はじめ経済団体は、8月中にも「改悪法案」を通そうと血まなこだ。

   ◇      ◇
読者のご支援により『田中龍作ジャーナル』は続いています。

『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています

あわせて読みたい

「労働者派遣法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。