記事

Instagramネイティブ世代の活用術インタビュー・前編

1/2

近年、にわかにユーザー数を増やしている画像系SNSであるInstagram。今年は昨年と比べて倍近くまでのユーザーが増加し、企業のwebマーケティングに活用するために注目を浴びています。

当社でも、web施策に対して感度の高いお客様を中心に、インスタグラムに関するお問い合わせ・お引き合いを頂いています。そうしたクライアントとの打合せの場で、最近Instagramの件になると、普段以上に饒舌になる企画営業部の社員が居ると社内で噂になっていました。

彼は個人的に相当インスタグラムにハマっており、いろいろな独自の使い方をしているのだとか。そんな彼のインスタ活用術についてインタビューしてみました。

平素、お世話になっております。企画営業部の増山です。

リンク先を見る

企画営業部所属の増山。現在、24歳。東京都大田区生まれ・育ちで、都内の大学を卒業。昨年、弊社に新卒で入社し、現在2年目を迎えています。(写真、顔は勘弁とのことなので後ろ姿で失礼します。)最近では様々な案件を担当させていただいており、大きく成長中です。

趣味は、ファッションや音楽。これだけですと、インドアな印象がありますが、実はマラソン大会に出場したり、水泳トレーニングを続けたりとスポーツマンな一面もあります。

Instagramとの出会い

◆増山君がInstagramを使い始めたのはいつ頃?
始めたのは約2年前の、2013年6月頃でまだ学生だった頃です。当時、留学していた友達がアメリカから帰って来た時に勧められて始めたのがきっかけでした。僕らの周り以外では、流行ってた感じではなくてユーザーも少なかったと思います。僕の周りの友人でも、性質が合わない人はやっていませんでした。今も学生時代の友達とインスタグラムでやりとりしています。コメントとかいいねのやりとりとか。

◆何故、その後、ハマっていったの?
単純にちょっとおもしろいメディアだなと感じたことと、当時でも写真を加工するアプリはいろいろあったんですけど、それがSNSとして成立するのがインスタだけでした。また、当時facebookもだいぶ使っていて、ログインの連携をすることができ、利用するフォーマットが楽だったというのもあると思います。

あと、僕はデザイン面を気にする人間なので、正方形で写真が並んでいく感じがけっこういなと。服とか音楽とかが趣味なので、海外のアーティストはインスタを始めるのが早かったじゃないですか。彼らの投稿から、日本に来てどこに寄ったかとかを見て楽しめたり。

投稿画像から推測できること

◆そうか。増山くんは通好みのアーティスト、好きだもんね。
はい!僕、好きなアーティストの出待ちとかするんですが、アーティストの投稿したインスタの写真から大体、どのホテルに宿泊しているかが分かっちゃいますよね。

◆アーティストの宿泊先が分かるの!?
僕はそこそこ有名になってきた位のアーティストが好きなんですが、そのレベルの海外アーティストって、大概渋谷に泊まりたがるんですよ。しかも、彼らが泊まるような高級ホテルって渋谷にはいくつかしか無いんです。そして彼らは大抵、部屋からの風景、特にスクランブル交差点を撮影してインスタに上げるんです。

リンク先を見る

その景色からどこのホテルに滞在しているか推測できるんです。スクランブル交差点を映す角度とかで。首都高を挟んでいたらあそこのホテルだったり、交差点の真上からだったらこっちのホテルだったり。

あわせて読みたい

「Instagram」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  9. 9

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。