記事

まず米の盗聴解明を/盗聴拡大法案 国会で議員と市民が集会

画像を見る

 盗聴拡大などを盛り込んだ刑事訴訟法等改定案をめぐって今週中の衆院通過を狙う与党と慎重審議を求める野党の攻防が続く中、「超党派国会議員と市民の勉強会」が4日、国会内で行われ、約60人が参加しました。

 勉強会では、このほど内部告発サイト「ウィキリークス」が明らかにした米国家安全保障局(NSA)による日本政府や日本企業への盗聴活動が紹介されました。

 秘密保護法対策弁護団の海渡雄一弁護士は「衆院の法務委員会がNSAによる盗聴事件を解明せずに、盗聴法拡大を採決するなどあり得ない」と強調しました。

 各団体からの発言では、新聞労連の塚田朋弘書記長が盗聴拡大によって「権力を監視するべき報道機関が、権力の監視下に置かれ、取材源の秘匿ができにくくなり、取材活動の萎縮がすすむ」と述べました。出版労連の木村広書記長らも発言しました。

 勉強会では、法案の慎重審議を求める野党の国会議員らが参加し、日本共産党からは法務委員会所属の清水忠史、畑野君枝の両衆院議員があいさつ。「NSAの盗聴が明らかになった以上、採決を認めるわけにいかない。野党が結束して徹底審議していく」(清水氏)、「この法案と戦争法案は連動している。法務委員会で慎重審議を続けることが両法案の廃案につながる」(畑野氏)とのべました。

あわせて読みたい

「刑事訴訟法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    京都で散見されるコロナの傷跡 空き店舗や廃業ホテルも多い中、観光再興できるか

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:47

  4. 4

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  5. 5

    柴咲コウ、芸能活動の光と影「私の長所でもあり短所」「偽りたくない」

    マイナビニュース

    10月24日 14:29

  6. 6

    中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

    WEDGE Infinity

    10月24日 10:43

  7. 7

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  8. 8

    『科捜研の女』が終了か 沢口靖子は3億円マンションを買ったばかり

    NEWSポストセブン

    10月24日 10:52

  9. 9

    「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野

    PRESIDENT Online

    10月24日 15:03

  10. 10

    アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現実

    ロイター

    10月24日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。