記事

中国人民元を現時点で特別引出権(SDR)準備通貨に加えることにIMFが難色

国際通貨基金(IMF)が5年に一度実施される特別引出権(SDR)構成通貨の見直しに際し、どういう基準でそれを行うかをレポートで開示しました。

SDRはIMFの中だけで通用する「通貨」です。それは準備を補完するための、帳簿上の覚書です。IMFに加盟している政府間でのやりとりにのみSDRは使用可能で、民間企業がそれを使って決済することはできません。

あいにく、ニクソン・ショックでSDRはその存在意義の大半を失ってしまいました。だから今では金融クラスタのマスターベーションのオカズ程度の意味合いしか持っていません。その経緯については以前、詳細な記事を書いたので、ここでは割愛します。

ただSDRの準備通貨に採用されるということは、一種の大国のステータス・シンボルであり、その意味で中国人民元をSDRに加えてもらうことは中国政府にとってメンツのかかった問題です。

今回のIMFのレポートでは中国人民元が自由に利用可能な通貨(freely usable currency)であるかという点に関して未だ不十分な点があることが指摘されました。特に人民元が実質的に緩く米ドルとリンクされており、自由に取引されていない点、言い換えればボラティリティが低すぎる点が焦点になっています。

IMFとしては、大筋として人民元を加えることにはやぶさかではないけれど、そのタイミングについては、今後の努力の結果を見るというわけです。

このため、当初は今年秋までに結論を出す予定だったのですが、来年の9月30日までレビュー期間を延長することが発表されました。


【関連する記事】
国際金融の「盲腸」にすぎない特別引出権(SDR)に中国がこだわる理由

あわせて読みたい

「人民元」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。