記事

【何を今更】防衛費、初の5兆円視野

防衛費、初の5兆円視野 自衛隊の任務拡大にらむ
2015/8/2  日本経済新聞 [有料会員限定]
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H0Q_R00C15A8MM8000/

>8月末に締め切る2016年度予算の概算要求で、防衛省の要求額が過去最高を更新する見通しだ。今国会で安全保障関連法案が成立すれば可能になる自衛隊の新たな任務への活用などを見込み、新型空中給油機やイージス艦を調達するためだ。円安で外国製品の購入額が膨らんでいる事情もある。年末に編成する16年度予算案では初の5兆円台を視野に入れる。

 既に、本年度予算と、昨年度の補正予算、復興特会の防衛関連費を含めれば防衛費は既に5兆円を超えております。通常補正予算は例えば燃料の高騰やら、災害派遣の続発など予想し得なかった支出を補うものですが、震災以来、装甲車だの、本来防衛予算の本予算で買うべきものを、補正予算で多数買っております。
 また、復興特会も同じです。災害復興の予算でトラブル続きで完成もしていない輸送機に400億円も使うなど、まともな神経と常識、良心をもっていればできない所業です。
  国立何とか競技場で他国の何倍も使っても平気のヘッチャラ、責任者はいません、というのと同じ構図です。

 ところが、補正や特会を含めて防衛費を語るメディアが殆どありませんでした。

 今回この話は各メディアで出ておりますが、恐らくは官側からの意図的なリークでしょう。財務省は本年度の補正予算ではこれまでのような「玩具」を買うことは許さず、本来の補正予算のあり方に戻すようです。
 つまり補正予算をこれまでように「第二の防衛費」として使うことが難しくなった。だから概算要求公表の前に「5兆円超え」をリークして、ショックを和らげようとしたのではないでしょうか。最近はアレ首相の支持率も下がっていますしね。

 補正や特会が第二の防衛費化したのは、メディアがこれを厳しく批判しなかったらです。よく保守の人たちは「これは防衛費増額を認めない世論や、財務省が悪いのだ」ということをいいます。ですが、それは自分が正しければ犯罪を犯しても構わないという全学連あたりの主張と同じです。ですが、この手の「保守」な人たちは全学連や極左暴力集団を否定します。まことに持って不思議な話です。

 防衛費を不透明化することは、モラルハザードを産み、歯止めが効かなくなります。こういううことを本来は野党や「赤旗」あたりでも言えばいいのですが、訳の分からないことを喚くばかりです。
 
 金額の多寡よりも、その使い方が問題でしょう。現中期防ではオスプレイを始めまともに、その運用構想も、毎年の維持費もろくに検討されずに導入が決定された「高価なおもちゃ」が多数あります。また漫然と他国の何倍も高い装備が調達されております。その反面、本来本当に必要な衛生や兵站が軽視されおります。
 「火の出る玩具」を買い並べて国防がまっとうされるならばこんな楽なことはありません。
 防衛予算の使い方にメディアや納税者がもっと関心を持って欲しいものです。


 東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

自衛隊は、やはり「隊員の命」を軽視している
戦闘を想定した準備はできていない<上>
http://toyokeizai.net/articles/-/78310

現行の救急キットでは多くの自衛隊員が死ぬ
戦闘を想定した準備はできていない<下>
http://toyokeizai.net/articles/-/78336

あわせて読みたい

「国家予算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。