記事

原発を都会に建てろというバカげたサヨクの主張

原発をめぐる議論が活発だ。

このような事故が起こった当然の帰結として、原発反対派の勢いが増している。

TVや新聞などでこの後に及んで、「とりあえずは大丈夫」だのなんだの言っている、御用学者といわれている先生達の権威は完全に失墜したようにも思える。

しかし、結局、原発の賛成か反対かはある種のイデオロギー論争と利権争いに等しいと僕は思っている。

そこに純粋な学者先生たちは巻き込まれただけと考える方がいいのかもしれない。

原発反対派の多くは残念ながら、非現実的で多くの人の支持を得られないような主張を繰り返してきたことは事実であり、そのことが原発推進の国策をとめられなかった面は強いと僕は考えている。また、結局、左派政党にとっては原発反対は沖縄の基地反対と同じような政治カードでありひとつの利権であったという側面もあろう。どうせ与党になれないのだから、彼らが心のそこから原発推進を阻止しようと思っていたかは疑わしい面も多々あるのではないだろうか。

そのような原発反対派の人が言うせりふにこんなのがある。
「原発は都会に作るべきだ!都会の人の使う電気は都会でまかなえ!田舎に原発を押し付けるな!」というものだ。

正直に言えば、笑止千万である。そんなことを言っているから原発反対派はちょっとヒステリックで現実離れした人と思われるか偽善者だと思われて世の中からあまり真剣に相手にされてこなかったし、与党議員や電力会社にあまり相手にされてこなかったのだろう。

いくつか箇条書きにしてなぜその主張がおかしいかを上げてみよう

①では、電気以外のすべてのインフラも商品もその土地で作ってその土地で消費せよというのだろうか?原発はひとつ間違いが起こった場合には非常にリスクの高い(あるいはそう思われている)発電方法かもしれない。しかし、同様に都会にある工場だって、環境を汚染していることは言うまでもない。また、都会のほうが車も人も多くいろんな面で健康にも精神にもよくない環境である。田舎だって都会から商品やサービスを買っているわけだから、都会の人の健康や精神の犠牲の上に便利なサービスを受けているのは間違いないのだが、これはどうしたことか無視される。

また、田舎対都会で捉えるだけではだめだろう。同じ田舎同士だってそれぞれに工場を誘致したりしているわけだ。工場だって環境を破壊する場合もある。環境破壊の確率の高い工場はすべて都会で引き受けよだとか、それぞれ分散してそれぞれの地域で消費する分だけを使えなんていうバカげた意見はさすがに彼らでも言わないだろう。そういった事実を考慮に入れられていない。

②原発がある自治体は国から多額の交付金が出る。ほんとかどうか知らないが、御殿のような家が建ったり、住民の年収が過疎の村とは思えないくらい高かったりするという。当然、原発がらみの雇用も生まれる。これらのメリットと引き換えに原発を引き受けたわけだ。

もし、これを都会でやりましょうとなったらどうなるだろうか?同様の補助金の総額はとんでもない額になるだろう。その結果、電気料金は大きく値上がりすることは間違いない。その結果、電気料金は値上がりし田舎の人も不利益を被るわけだ。また、トータルで見ても電気料金の値上がりは国家の経済にマイナスだから経済の成長は遅れ(今ならさらに停滞し)田舎の人の生活はますます苦しくなるだろう。

もちろん、僕はこれらの補助金は国でなく、「負の外部性」を持つ原子力発電所を建てた電力会社が本来負担すべきものであるとは考えている。さらに、もし、原発がくるから引っ越したいという住民がいるならば、その住民に対して電力会社は引越しなどの費用も負担すべきであるとも考えている。

その結果、原発が高コストの発電方法になり採用されないのであればそれはそれでいいことだ。

しかし、いずれにせよ原発に反対する住民がいたにせよ原発を受け入れたのは自治体である。そして迷惑料としての補助金も払われてきたのである。その事実を忘れてはならない。

これは原発だけではなくあらゆる工場やその他の発電方法やダム建設でも行われてきたことだ。もちろん、僕は自由主義者として(あるいは小さな政府を支持する保守主義者として)国家主導のこれらの政策に大反対である。ただ、極端な原発反対派が何を言おうが、過疎地域に原発を建てることは経済合理的であり、リスクを覚悟の上でそれを受け入れる自治体があったわけだから、彼らの「都会に原発を作れ」という批判は正しくない。

③もっといえば、所得の再配分だってそうだ。都会から田舎に多額の所得の再配分が行われていることはいうまでもない。東京と沖縄であれば一人当たり生涯で4000万も税金+社会保険料の負担が違うという試算を日経新聞がたしか去年出していた。上記の反原発派の発言が正しいのならば、このような都会から田舎への所得移転も否定されるべきだろう。

④それに、そんなことをいうなら都会は都会だけでやる。都会と仲良くしたい田舎だけついてこい!となったらどうなるだろうか?多くの田舎は都会に売るものがなくなり立ち行かなくなるだろう。もちろん、この言い方は極端で、実際は都会も田舎も相互に助け合って生きているのが現実である。だから、都会が〜、田舎が〜なんて言って争っていること事態がおかしいと思うのは僕だけだろうか?

このようにちょっと考えただけでも、田舎に原発を押し付けるな!という発言はおかしいのが容易にわかるはずである。ちょっとまともな人間が考えれば、「う〜ん」と思ってしまうようなレトリックを用いるから、原発反対派は世の中からあまり相手にされなかったのである。

だから、今回の事故の責任は原発反対派にも多いにあるはずだと僕は思っている。

いずれにしても、現実として今すぐすべての原発を止めるわけにもいかないだろう。風力発電や太陽光発電などへの国家としての傾倒は新たな利権を生む可能性も高い。

原発反対派もきっちりと反省して、彼らから現実的な代替案が提示されることを望みたい。が、反対派も所詮イデオロギーに基づいてやっているから、無理だろうな・・・。

個人的にはやはり電力分野の自由化を推し進めるのが一番の解決方法だと思っている。

↓このようなブログもやっています
「小さな政府」を語ろう

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。