記事

トヨタ、中国市場を攻め切れるか

トヨタは、2016年3月期第1四半期決算を発表しました。営業利益は、前年同期比9.1%増の7560億円。ただ、販売台数は、北米は堅調ですが、国内、アジア、中南米では前年比マイナスです。ロシアを含めた欧州も微減です。

通期の見通しによると、グループ全体の販売台数は、前年比マイナス1%の1015万台の据え置きです。売上高は3000億円引き上げて27兆8000億円、営業利益は2兆8000億円と据え置きです。依然、高い利益水準ですね。

リンク先を見る

※トヨタ常務役員の大竹哲也氏

心配なのは、景気減速の中国ですね。ただ、大竹さんによると、「商用車市場の落ち込みに加えて乗用車市場も縮小しつつある」ものの、トヨタの状況は、「販売台数上は影響を受けていない」ということでした。
事実、価格競争が激しく収益面は悪化していますが、販売台数は、直近、前年比を上回っており、年間見通しの従来目標110万台を達成できるペースという話です

中国市場は、いまや世界一の自動車市場です。

トヨタにとって、VW(フォルクスワーゲン)との世界販売台数のトップ争いを考えれば、もっとも重要な市場といっていいでしょう。
トヨタは今回、中国において、「競争力のある工場づくり」として、天津一汽トヨタ自動車で天津市経済技術開発区に新ラインを建設し、18年年央から新型車を生産すると発表しました。

新ラインは、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を前提としたラインで、車種や量の変更に柔軟に対応できる、伸縮自在ラインです。
「中国のモノづくりの競争力をさらにつけていく。量の拡大というよりは質の向上をしっかりやっていきたい」とは、大竹さんのコメントです。

中国では、今期、海外初の現地製ハイブリッドユニットを搭載した『カローラ』『レビン』を発売します。環境問題が深刻な中国において、現地製のハイブリッド車は、大きなセールスポイントになるでしょう。

トヨタは、景気減速中の中国市場において、このまま販売台数を伸ばし、攻め切ることができるかどうか。ワーゲンやGMに後れを取った中国市場で、トヨタは今後、どこまで巻き返しができるか、注目されます。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  6. 6

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  7. 7

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  10. 10

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。