記事

東京マーケット・サマリー(4日)

<外為市場>

午後5時のドル/円 <JPY=EBS> は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の123円後半。午後はオーストラリア準備銀行(RBA)が政策金利を維持したことで豪ドルが買い戻された。ドル/円は、豪ドル/米ドルの米ドル売りが波及して下押しされた。

-------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

東京株式市場で日経平均は続落。米中の景気に対する懸念が重しとなり、下げ幅は一時100円近くに達した。外需関連株が軟調。インバウンド関連の一角は引き続き買われた。為替がややドル高/円安方向に振れたことで下げ渋り、プラスに転じる場面もあったが、引け後にはトヨタ自動車<7203.T>の決算発表を控えており、様子見姿勢が強まった。

東証1部騰落数は、値上がり883銘柄に対し、値下がりが889銘柄、変わらずが117銘柄だった。

-------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利の加重平均レートは、速報ベースで0.076%になった。

前日(0.074%)を小幅上回った。地銀、信託を主な取り手に、0.073─0.075%を中心に取引された。大手行は0.073%で調達。ユーロ円3カ月金利先物は債券高でしっかり。

-------------------------------------------------------------------------------

<円債市場> 

国債先物中心限月9月限は前日比25銭高の147円79銭と反発して引けた。前日の海外市場で、商品価格の下落やさえない米指標を受けて、米債が買われた流れを引き継いだ。事前に警戒感があった10年債入札を無難に通過すると、買い安心感が広がり、一時147円80銭と4月30日以来約3カ月ぶりの水準に上昇した。

現物市場も堅調。商品安によるインフレ期待の低下で、海外勢がフラットポジションを構築。10年最長期国債利回り(長期金利)は同2.5bp低い0.385%に低下した。

-------------------------------------------------------------------------------

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。