記事

フランス人の「短時間労働」神話は終わった? 英BBCが週50時間働く会社員を取材

フランス人は、プライベートは大事にするけれど会社の仕事はきちんとやらない。そんなイメージを抱く人も多いでしょう。米タイヤ製造大手のCEOが、2013年に仏政府から経営難に陥った工場を買収してほしいと打診された際にも、

「バカバカしい。フランス人は1日3時間しか働かないじゃないですか」

と断ったという逸話があります。しかし経済のグローバル化の進展に伴い、フランス人の「短時間労働」の神話も終焉を迎えている――。英BBCがそんな記事を掲載しています。(文:遠藤由香里)

半数以上が「週35時間」の制限を超えて残業している

フランスの労働時間は、法律で週35時間に制限されています。ウィークデー5日でこれを割ると、1日7時間。前出のCEOはこの時間の使い方について、次のような内訳であると述べています。

「休憩と昼休みに1時間、おしゃべりに3時間、仕事に3時間費やす。フランスの労働組合員に面と向かってこれを指摘したら、それがフランスの働き方だと言われた」

フランス人の働き方については、記事でも「ランチをゆっくりと食べ、南の島で長いバカンスを楽しんでいるイメージがあるのでは?」としています。しかし最近では、他のヨーロッパの国々と同じくらい働くようになっているとのこと。

「9時頃から19時30分くらいまで働いています。週に45~50時間ですね」

パリの建設会社で働くオリバー氏は、そう明かします。週35時間は「ここからは時間外労働だ」と伝える境界ラインにすぎなくなっているのだそうです。

これまで弁護士などの専門職ではない一般社員は、35時間労働を厳格に制限されてきたはずですが、2010年の調査ではフルタイム勤務者の50%が残業をしており、現在ではより多くの人が週35時間を超える労働をしていると見られています。

スペイン人も「パソコンの前でランチ」するというが・・・

この傾向はスペインも同様です。長い昼食を取りシエスタを楽しんでいるのも、いまやイメージに過ぎないと言います。マドリードで働くパブロ・マルチネス氏は、8時から18時30分まで働いているそうです。

「世界のマーケットについていこうとして、スペインも変わってしまいましたよ。パソコンの前でランチを食べることも珍しくない。私が働き始めた20年前は、そんなことはなかったのにね」

実のところ、ヨーロッパの労働時間は国ごとにそれほど違いがあるわけではありません。平均週41時間で、最短が39時間(ノルウェー)、最長が43時間(オーストリア)と小さい幅の中に収まっています。

ただしこの統計では、「休憩と昼休みに1時間、おしゃべりに3時間」といった時間の使い方の質については分析されていません。フランス人は、本当にちゃんと働くようになったのでしょうか?

(参照)Busting the myth of France’s 35-hour workweek(BBC)

あわせてよみたい:本場のフランス料理がマズくなっている!?

関連記事

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  2. 2

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  3. 3

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  4. 4

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  5. 5

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  7. 7

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  8. 8

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  9. 9

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  10. 10

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。