記事

サイバー攻撃リスク、他の自動車メーカーにも=米当局

[ワシントン 31日 ロイター] - 米道路交通安全局(NHTSA)のローズカインド局長は、自動車のサイバー防衛問題はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)にとどまらず、他のメーカーにとってもリスクとの認識を示した。

FCAは今月、ハッキング対策のため140万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

ローズカインド局長はフィアット・クライスラーにワイヤレス部品を供給したサプライヤーについて、他の自動車メーカーとの取引状況を調査しているとし、「目下、業界全体の脆弱性の程度を見極めることに注力している」と語った。

米国では、サイバー防衛の研究者がクライスラー車を使ってハッキング攻撃を加える実験を実施。エンジンや、ハンドルなどを遠隔操作する模様を公開した。車がハッカーに乗っ取られるリスクが浮き彫りとなり、FCAのリコールにつながった経緯がある。

ローズカインド局長はまた、NHTSAが実験を行なったサイバー防衛の研究者らとすでに接触したことも明らかにした。ハッキングのリスクについて一段と理解を深めるだけでなく、これを受けて自動車業界がどの程度こうしたリスクを認識し、対策に取り組んでいるのかについても注視していく考えを示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。