記事

前場の日経平均は小幅続伸、様子見姿勢強まる

[東京 31日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比2円46銭高の2万0525円29銭となり、小幅に続伸した。ファーストリテイリング<9983.T>など値がさ株の下落が重しとなった一方、オリックス<8591.T>や関西電力<9503.T>など好業績銘柄の一角には買いが入った。

個別物色の展開となったほか、今後発表される企業決算を見極めたいとの姿勢も強く、指数はもみ合いを続けた。

強含みの円相場に反応した先物売りも上値を重くした。自動車・電機株は総じて堅調に推移。ただ好業績銘柄のなかでも、前日に決算を発表したソニー<6758.T>は軟調だった。純利益は4─6月期としては過去最高となったが、一時2%超の下落となった。

「ソニーが稼いでいるのはデバイスのところ。だが従来の企業イメージからスマートフォンやテレビなどがさえなければ、株価を抑える心理的な要因になりやすい」(エース経済研究所アナリストの安田秀樹氏)との声が出ている。

東証1部騰落数は、値上がり1107銘柄に対し、値下がりが639銘柄、変わらずが143銘柄だった。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。