記事

2015年7月「2014年電子出版市場は1411億円」など

鷹野凌が毎月お届けする、出版業界気になるニュースまとめ。10本のニュースをピックアップし、理由、経緯、感想、ツッコミ、応援などをコメントしています。なお、ピックアップは鷹野の個人的興味関心に基づくため、著しく電子出版関連に偏っています。あらかじめご了承ください。

◇ ◇ ◇

栗田、民事再生手続き申請

– 新文化 ※2015年6月26日

 6月のまとめが公開された次の日のニュース。取次4位の栗田出版販売が民事再生手続きに入り、3位である大阪屋との統合を目指すそうです。債権者説明会は「返品問題」でかなり紛糾した模様。「片面的解約権(返品権)付売買契約」という言葉、恥ずかしながら私は知らなかったのですが、取次流通は本来の意味での「委託販売」ではないのですね。取次が破綻した場合、書店は別の取次へ帳合変更すれば済むのですが、出版社は債権放棄とともに返品で相殺入帳しなければならず、ダブルパンチ。このままでは出版社の連鎖倒産が相次ぐのではないか? という噂も。出版(納品)さえすれば売上になり後から返品としてのしかかってくるという、ある意味金融的なシステムが既に限界にきているということなのでしょう。詳細はEBook2.0 Magazineの『栗田倒産が起動した「業界」解体のシナリオ』が詳しいです。

電子書籍ビジネス調査報告書2015:2014年度の電子書籍市場は1266億円に、電子雑誌市場も145億円と伸長

– ITmedia eBook USER ※2015年6月29日

リンク先を見る

ITmedia eBook USERより(スクリーンショット)

 インプレス総合研究所の『電子書籍ビジネス調査報告書』が今年も出ました。ちなみに2014年前後の年間売上で公開されている数字(多少期間が前後しますが、概算も含まれるため誤差の範疇ということでご勘弁を)としては、「めちゃコミック」のアムタスが10カ月で100億円突破なので概算117億円、取次メディアドゥの電子書籍売上が70億円なのでLINEマンガなどの取引先電子書店の粗利を30%とすると100億円(取引先を見る限り重複はないはず)、BookLive!が89億円、パピレスが84億円、eBookJapanが51億円で、合計441億円。つまり、公開されている数字およびその概算だけで、電子出版市場1411億円の31.3%です。さて、なかなか詳細な数字を明かさない秘密主義企業であるAmazonの、Kindleストア売上はどの程度なのでしょうか?

国際電子出版EXPOリポート:人が集まるのにはわけがある 人気ブースの中身をチェック

– ITmedia eBook USER ※2015年7月1日

リンク先を見る

第19回国際電子出版EXPO 株式会社ボイジャーによるブース(撮影:筆者)

 記事中にもありますが、国際電子出版EXPOの開催は今年が最後。来年からは東京国際ブックフェアに統合されます。昨年と比べても、楽天(Kobo)、パピレス(Renta!)、凸版印刷(BookLive!)が出展していないという、電子出版的にはちょっと寂しいEXPOだったので、もう致し方ないのかなという感じが。さらに、東京国際ブックフェアは9月に日程が変更され、全期間一般向けになります。法人向けサービスを提供している企業は、来年から出展が難しくなることでしょう。もしかするとコンテンツ東京の「制作・配信ソリューション展」辺りが受け皿になるのかもしれません。

富士通の電子書店「BooksV」9月末でサービスを終了

– ITmedia eBook USER ※2015年7月1日

BookLive! for Toshiba、BookLive!に統合 コンテンツ・ポイントは引き継ぎ

– ITmedia eBook USER ※2015年7月24日

リンク先を見る

「BookLive!」に統合される予定の「BookLive! for Toshiba」トップページ(スクリーンショット)

 ちょっとイレギュラーですが、2本まとめてピックアップ。「BooksV」は、大日本印刷(DNP)グループの書店で利用できるhontoポイントで購入全額を補償。「BookLive! for Toshiba」は、購入済みコンテンツやポイントはそのまま「BookLive!」で利用できる形。どちらもなるべくユーザーに不満が出ず、「電子書籍」に対する不安や不信を与えない幕引きになっています。

凸版印刷、紙と電子のハイブリッド出版に対応した書籍制作支援クラウドサービス「TOPPAN Editorial Navi」

– INTERNET Watch ※2015年7月6日

リンク先を見る

凸版印刷のニュースリリースより(スクリーンショット)

 マニアックなニュースですが、あえてピックアップ。去年の東京国際ブックフェア凸版印刷ブースには、プロトタイプが出ていました。6月のまとめで取り上げた講談社×NECの「スマート・ソース・エディター(SSE)」と同じようにレイアウトソフト(InDesign)から脱却し、ワンソースから紙と電子を同時に、しかもローコストで制作することを目的としたクラウドサービスです。「2020年度までに関連受注を含めて100億円の売上を目指す」というのは、かなり強気だなという気もしますが。

オーディオブックの定額聴き放題サービス「Audible」が日本上陸 月額1500円

– ITmedia eBook USER ※2015年7月14日

リンク先を見る

Audible(オーディブル)のウェブサイトより(スクリーンショット)

 コンテンツは「FeBe」のオトバンクが提供しています。日本オーディオブック協議会によると、日本のオーディオブック市場は約50億円ですが、アメリカは1600億円。日本も900億程度まで成長する余地があるという予測をしていました。AudibleはAmazon傘下ということもあり、日経は「アマゾンの参入で市場が大きく成長する可能性」という取り上げ方をしていますが、いきなりサブスクリプション型で月額1500円というのはどうなんでしょう? なお、ソニーの定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」が、当初月額1480円でした。後に値下げして980円になりましたが、結局うまくいかずに3年で撤退しています。

『はじめの一歩』『ナニワ金融道』の電子版が配信停止に

– ITmedia eBook USER ※2015年7月16日

リンク先を見る

ITmedia eBook USERより(スクリーンショット)

 残念なニュース。ほとんどの電子書店がクラウド本棚型になっており、購入済みのコンテンツは配信停止後も閲覧可能なのは救いですが。今年の1月に『週刊少年マガジン』が電子化された際、『はじめの一歩』は掲載が見送られていますが、作者の森川ジョージ氏がその直前にFacebookで「単行本の電子配信も契約満了をもって終了する」旨を投稿してたことを、後から知りました。紙を前提とした見開き表現が電子化で活かされないのと、電子の印税率が低い点を理由として挙げています。うーん、残念。『ナニワ金融道』は青木雄二プロダクションが著作権管理をしているので、恐らく版元が変わるだけだと思うのですが。

第153回芥川賞・直木賞、受賞作決定! 芥川賞には又吉直樹さんの「火花」と羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」、直木賞には東山彰良さんの『流(りゅう)』

– 本の話WEB ※2015年7月16日

 受賞者の方々、おめでとうございます。『文學界』は電子化されていないので『スクラップ・アンド・ビルド』は紙でしか読めませんが、『火花』と『流』は電子化されているので各電子書店が「すぐ読めます!」とアピールしていたのが印象的でした。『火花』の紙は発行部数144万部、電子は実売ベースで7万5000ダウンロードとのこと。実売ベースですぐに情報が分かるのは一部の電子書店だけなので、実際は電子ももっと売れていると思われます。

Kobo史上最高の解像度 300ppiの「Kobo Glo HD」をほかのモデルと比較してみた

– ITmedia eBook USER ※2015年7月23日

リンク先を見る

楽天ブックス「Kobo Glo HD」販売ページより(スクリーンショット)

 日本国内で電子ペーパーの新機種を出し続けているのはAmazonと楽天Koboだけという状況なので、ピックアップせざるを得ません。販売価格的には12800円+電子書籍クーポン2000円分なので、新型「Kindle Paperwhite」広告付きプライム会員向け価格1万280円とガチンコ勝負。発売中3モデルがきっちり松竹梅になっているのも同じ。「microSDカードスロットがないのが残念」という声がチラホラ。いわゆる「自炊」リーダー用途に使いづらくなってしまった、ということでしょう。

作家団体と書店組合が対アマゾンで手を取り合う

– マガジン航[kɔː] ※2015年7月28日

 ニューヨークで文芸エージェントとしてご活躍中の、大原ケイ氏によるコラム。『複数の米作家団体+書店組合が司法省に陳情「独禁法違反の疑いでAmazon社を調査してほしい」』という記事を受けての内容です。米司法省が5年前にAppleと大手出版社5社を反トラスト法(独占禁止法)違反で提訴したとき調査依頼をしたのがAmazonだったということで、今回の件を「当然のしっぺ返し」と見ている方もいる様子。なお、Appleは控訴審でも敗訴しましたが、恐らく上告するものと思われます。

◇ ◇ ◇

 7月もいろいろ興味深い動きがありました。さて8月はどんなことが起こるでしょうか。

 
 ではまた来月(=゚ω゚)ノ

[今月の出版業界気になるニュースまとめ:2015年7月 了]

あわせて読みたい

「電子書籍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セブン廃棄ロス策 5%還元に呆れ

    永江一石

  5. 5

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  6. 6

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  7. 7

    批判に弱い幻冬舎の見城徹社長

    渡邉裕二

  8. 8

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  9. 9

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。