記事

アジア株式市場サマリー(30日)

[30日 ロイター] - <中国・香港市場> 中国株式市場は反落。中国の銀行が、理財商品や株式担保ローンを通じた株式市場に対するエクスポージャーを調査しているとの報道が嫌気された。

アナリストによると、一部の投資家は月末を控えポジションを手仕舞い、相場の安定が続くか見極めようと様子見姿勢をとっている。

香港市場も反落。米連邦準備理事会(FRB)は米経済が改善しているとの楽観的見方を示したが、中国本土株式市場の急反落の影響の方が大きかった。

ハンセン指数<.HSI>は0.49%。ハンセン中国企業株指数(H株指数)<.HSCE>の終値は7月8日以来の安値水準。

中国人寿保険<2628.HK>が2.5%安でハンセン指数の下げを主導。中国交通建設<1800.HK>は3.3%安でH株指数を押し下げた。不動産開発大手の万科企業<2202.HK>が3.2%安、 広州汽車集団<2238.HK>が2.8%安で続いた。

<東南アジア市場>大半が上昇して引けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で、米国経済および労働市場が引き続き改善していることが示され、早ければ9月にも利上げを実施するとの見方を残す内容となったことが背景。

<ソウル市場> 続落して取引を終了した。下期の企業業績見通しをめぐる懸念から下落。第2・四半期(4─6月)決算で、サムスン電子など一部上場企業の業績が下振れしたことが背景。

サムスン電子<005930.KS>は3.8%安の121万5000ウォンで引けた。終値としては8カ月ぶりの安値。第3・四半期の業績について悲観的な見方を示したことが嫌気された。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。