記事

チュニジア首都に若者の暴動拡大 死者23人に

チュニジア首都に若者の暴動拡大 死者23人に

【カイロ共同】ロイター通信によると、チュニジア中部などで発生している失業者の若者らによる暴動は11日夜、首都チュニスに初めて拡大。内務省は同日、先月中旬からのデモや暴動による死者が計23人に達したと発表した。

日本からは遠い国だが、ヨーロッパにいると比較的に身近に感じる国チュニジア。そのチュニジアで失業率と格差を不満とした暴動が起こっている。そしてついに大統領が亡命(?)して政権が事実上崩壊した。

チュニジアは何気に行ったこともある国でもある。食事がおいしかった。

過去の経済成長率を見てみると・・・

リンク先を見る

(グラフは世界経済のネタ帳より)

もちろん、こういった国だから統計に疑問はあるがそれでもかなり好調な成長率であることが見て取れる。

個人的に旅行した時の印象。観光客の立場から見れば上っていく感じをこの国の人達は感じているんじゃないだろうかなあというものだった。暗い印象も感じられず、人々は若干照れ屋だが、陽気でフレンドリーであるように感じられた。

今の生活は日本などの先進国にははるかに劣るが、おそらく経済成長を背景に将来に不安などないと多くの人が思っているのでは?という印象を受けた。

もちろん、一旅人の印象であり社会の暗部を見たとは言えないけれども。

[画像]

(チュニジアのカルタゴの遺跡にいた猫の写真。特に論旨とは関係ないけど・・・)

なぜこういった国であのような暴動がおこるのだろうか?

その原因は若年層の失業であり、失業者が長期的に失業状態にとどまることによる格差の固定と拡大に対する不満であるという。

結局、世界各国で起こっていることは何ら変わらないのだと思う。

ここイギリスでも格差とその固定化の問題がいつも叫ばれている。

世界経済が一体化していく中で一国内での経済的格差は否が応でも拡大していく。それはキャッチアップされている先進国だけでなくキャッチアップしている中国などの新興国内部でも同様のようだ。

事実としては世界経済の一体化は新興国の成長に寄与し先進国経済にもメリットをもたらしている。もっといえば人種差別のような差別を減らしていくことにも貢献していることは間違いない。

ちょっと右寄りな言い方をすれば人種差別のない八紘一宇の世界が成立しようとしているわけだ。

日本人としては喜ばしいことではないか?

しかし、前述の通り、それは厳しいものでもある。生まれた国など関係なく能力のあるもの/ないもの、運のいいもの/ないものの格差は世界基準で広がっているからだ。一国政府が容易に対応できる範囲を超えて来ている。

じゃ、鎖国してしまえなんてことを言う人もいるかもしれない。

しかし、(世界経済の一体化を通して)経済が成長しなければそういった(言い方は悪いが)社会の下層にいる人たちの生活の絶対的水準がよくなることはない。

ここで一つの大きな問題に行きあたる。

人間は格差を感じる上でその相対感を重要だと考えているからだ。誤解を恐れずに一般化して言えば、社会の下層にいる人たちほどどうしても視野もせまいと言えるだろう。だから、身近な人・国内のみの情勢・過去の経験・マスコミの安易な格差などへの煽りなどを判断基準にする。よって、絶対的に生活のレベルが上がっているとしても不平不満は社会にくすぶる。また、格差の問題が世界的なものであり一国政府には対応不可能としても不平不満は大きくなる。

あるいは、残念ながらどこの社会/時代/国家においても「不平不満分子」は存在するという面もある。たとえば、経済面以外での不平等(人種・性・出自など)がかなり改善される中で、経済的格差を訴える人たちが増えているということなのだろう。

昔は上記のような経済面以外の差別・格差の是正も左派の格好の攻撃のネタだったはずだが、それらが改善された今、経済的格差は時の政権に対する批判の材料にされ、人の不幸を報じるのが好きなマスコミの格好のネタとなる。

これらの事実が示しているのは、おそらく残念ながら重要なことは日本が成長を取り戻したとしてもおそらく「みんなが幸福」な時代はやってこないということだ。いずれにしても独力で何が何でも生き抜くという、ちょうど明治の人々がもっていたような強い意思を持たねばこれからの時代を生き抜くのは容易ではないということだろう。

もちろん、一部の人が恐れるようなファシズム的な空気が蔓延し始める可能性は現代社会においてはかなり少ないとは言える。しかし、(古典的)自由主義を標榜する我々はそういった空気にも目配りをしないといけないのも事実かもしれない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  2. 2

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  5. 5

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  6. 6

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  7. 7

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  8. 8

    男、夜遊び、嫉妬 NGTに裏の噂も

    NEWSポストセブン

  9. 9

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  10. 10

    ヒカキン見るな 親の葛藤を痛感

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。