記事

パナソニック、4―6月期は7%の営業減益 TV赤字・住宅低迷

[東京 29日 ロイター] - パナソニック<6752.T>が29日発表した2015年4―6月期の連結営業利益は、前年比7%減の765億円だった。車載事業は伸びたが、テレビ事業が赤字だったほか、国内住宅市場の低迷で太陽光パネルなど住宅関連事業の売り上げが減少した。

連結売上高は前年比0.3%増の1兆8578億円。テレビ、住宅関連、太陽光の売り上げは落ちたが、車載エレクトロニクスやファクトリーオートメーション(FA)機器、液晶パネルが伸び、円安で前年並みを確保した。

15年3月期に5%を達成した営業利益率は4―6月期で4.1%だった。ただ記者会見した河井英明専務は「住宅関連は少し遅れたが、(他の事業は)結構社内計画を達成している。年間の業績目標に沿ったスタートだ」と述べた。

テレビ事業は、販売の絞り込みや価格下落で30億円の赤字(前年同期は10億円の黒字)だった。ただ、夏以降に本格化する販売で増販が期待できるほか、固定費削減の成果が出てくることで「今期の黒字化は引き続き取り組む」(河井専務)方針。

住宅関連・太陽光が不振だったことについて河井専務は「業界全体の影響だったが、6月以降は持ち直していて、7―9月期はかなりの回復が見込まれている」と指摘した。

4―6月期は営業減益となったが前期に計上した構造改革費用が一巡したことで営業外費用が減り、当期純利益は56.9%増の595億円となった。

16年3月期の業績予想は据え置いた。営業利益は前年比12.6%増の4300億円(営業利益率5.4%)を計画。トムソン・ロイターの調査によると、アナリスト19人の営業利益の予測平均は4252億円。

(村井令二)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。