記事

Auschwitz訪問

ポーランドの古都クラコフ市の近くに、あの悪名高きアウシュビッツがある。

アウシュビッツには、最初に収容所が作られたオシフィエンティムと、二番目に作られたプジェジンカ(ビルケナウと改称)、そして三番目に作られたモノヴィツェの三ヶ所の強制収容所があり、そのうち最初のアウシュビッツと2番目のアウシュビッツ・ビルケナウが博物館として現場を保存し、一部は復元している。

リンク先を見るリンク先を見るリンク先を見る


アウシュビッツIには、おびただしい数の処刑された人たちの遺品や、髪の毛で作られた布、そして未処理の髪の毛が展示されていたが、その中には、ガス室で使用した毒薬の使用済みの缶があった。
ルドルフ・ヘスの証言によれば、1500人を殺すために5キロから7キロの毒ガスが必要だったという。

また、ガスで殺される以外にも、強制労働での衰弱死、強制労働中の些細な因縁をつけられての銃殺、あるいは脱走が失敗しての絞首刑などが行われ、その刑場も残されている。
絞首刑は、見せしめのために目立つ場所で行われたし、見せしめのために死体を吊るすことも行われていた。

リンク先を見る

リンク先を見る


場内は、電気の流れる有刺鉄線で、外部との間が遮断されていた。
のみならず、ナチの居住区域と囚人たちの区域や、ガス室の区域も分かれていた。

そのガス室だが、一部は復元である。
また、ビルケナウは殺人のための工場であった。
これに対してアウシュビッツIは、そもそもガス室による抹殺が本来の目的で作られたものではなかった。

リンク先を見るリンク先を見るリンク先を見る


土塁のような半地下の建物で、上には草が植えられて偽装された中が、殺人工場のガス室である。
服を脱がされる場所、シャワーと称してガスが浴びせられる場所、そして金歯や髪を剥ぎ取られた後に焼却される場所。
部屋の間の扉は狭く、多くの人びとの移動には時間がかかったであろうことが想像される。
それでも、遺体を燃やす炉が追いつかないほどの人が殺され、余った分は戸外で焼却したというのだ。

【関連記事】
Auschwitz Birkenau訪問

あわせて読みたい

「ポーランド」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  5. 5

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  6. 6

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。