記事

BRICS諸国の地位向上を訴えるインド国会議員 - 岡崎研究所

インドの国民会議派議員で国連事務次長も務めたことのあるShashi Tharoor が、モスクワで開催されたBRICSの初めての議員会合に参加し、BRICS諸国には国際秩序においてその実力にふさわしい地位が与えられるべきである、と論じています。

 すなわち、BRICSは無視し得ない国際的なグループになっている。BRICSはゴールドマン・サックスが作った用語で、このグループが協力のための基礎になるのかという懐疑論は最初から付き纏ったが、プーチンが関心を持った。程なく年次首脳会議が行われることになった。プーチンはBRICSというもう一つ別の場を築くことを望んだのである。BRICSは新開発銀行を創設した。

 BRICSは戦後に作られた国際システムの妥当性が問題にされつつある時に台頭した。そのシステムは先進国に利益となっただけでなく非植民地化と開発を進め、新興国の声を取り込む途を見出した。しかし、最早充分ではない。中印はその経済の重みに見合ったグローバルな影響力を求めている。ブラジルと南アフリカは大陸の強国として登場した。ロシアは西側のシステムの外縁でその地位に苛立っている。現在のシステムは改造されねばならない。

 しかし、既存の主要国は影響力を手放そうとはしない。世銀とIMFにおける中国の投票権がベルギーと同じだというのは馬鹿げている。しかし、これら機関において先進国と台頭する諸国との衡平を図ろうというG-20の努力は止まったままである。米議会はIMFの投票権の改革を拒否している。

 インドやブラジルのような諸国は、一世紀前のドイツや日本のように世界秩序を引っくり返すことを目論んではいない。一段と高いテーブルの席を欲しているだけである。これを禁じられれば、これら諸国は自分たちの秩序を築くしかない。もっとも、インド、ブラジル、南アフリカは中国主導の秩序が現在のものの改善になるかを訝る理由がある。

 世界の秩序を唱導する者にとっての課題は、台頭する諸国を、規模、能力、国際システムへの貢献度に見合った公正な扱いを保証する枠組みに取り込むことである。現在の世界の指導者はステーツマンシップを欠いている。彼等が支配するシステムに頑強にしがみつき、新たな参入者に扉を閉ざし、外に置かれた者に選択の余地を与えない。

 BRICS諸国に共通していることは当然与えられるべき地位から排除されていることである。それだけでは新しい国際システムの基礎として充分とは見えないかも知れないが、これら諸国の経済規模は2050年にはG-7を追い抜くとあれば、そうとばかりはいえないであろう。BRICSが既存のシステムの中で主導することを許されないのであれば、必然的に彼等自身のシステムを作ることになる、と言っています。

出典:Shashi Tharoor,‘Taking the BRICS Seriously’(Project Syndicate, June 19, 2015)
http://www.project-syndicate.org/commentary/cooperation-major-emerging-economies-by-shashi-tharoor-2015-06

* * *

 筆者タルールは、如何にして台頭する諸国が既存の国際秩序においてふさわしい地位を得るかという問題と、BRICSのグループとしての意義如何という問題とを区別せずに論じています。

 前者については、確かに、台頭する諸国を然るべく包み込んで行く必要はあります。現実を反映しない秩序は続きません。国際金融機関における中国の投票権を是正すべきことはその通りでしょう。しかし、この問題は既存の秩序を主導してきた諸国が考えなければならない問題であると同時に、台頭する諸国が筆者のいう「テーブルの席」をその能力、貢献によってどうやって掴みとるかという問題でもある筈です。力によって一方的に現状の変更を試みる諸国やサイバー攻撃への関与が疑われる諸国が「テーブルの席」を用意しろといっても、それは容易に認められるものではありません。理念や価値観が異なるとどうしても制約が生じます。これら諸国がどういう「テーブルの席」を欲しているのかについても、筆者は、中国の投票権の問題に言及するのみで、何等示唆するところがありません。

 筆者は、BRICSというグループがとりわけその経済規模の故に無視出来ない存在となっているといい、もし排除され続けるのであれば彼等自身のシステムを作る以外にないと言います。しかし、BRICS諸国に共通していることは筆者がいうように「当然与えられるべき地位から排除されている」と思っていることです。BRICSの意義はこの一点にしかないのです。二国間関係に問題を抱え、安保理改革などの国際問題についての立場の違いがあり、政治組織になりようがありません。拠って立つ理念も違うし政体も異なります。地域的、文化的な繋がりもありません。筆者自身、BRICS諸国を使い分けて論じています。中国主導の国際秩序にはインド、ブラジル、南アフリカは心穏やかではあるまいというに至っては、「語るに落ちた」というべきでしょう。確かに、BRICSは昨年7月新銀行の設立に合意し、新銀行は近く活動を開始するとも伝えられます。しかし、BRICSが国際関係の中で一つの有力な核として機能し、彼等自身のシステムを作る力量を持つことは未だ立証されてはいません。

【関連記事】
中国の経済力を正しく評価せよ
W杯を終えたブラジル経済の今後
AIIBに対する米国の賢明な選択
中国経済の減速 アフリカへの影響は?
中国が主導する「アジアインフラ投資銀行」 ビジョンもガバナンスもなき実態

あわせて読みたい

「BRICs」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  2. 2

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  3. 3

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  4. 4

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    コロナ対策で目立つ責任回避「国全体が緩んでいるようで不安」

    深谷隆司

    05月08日 17:31

  7. 7

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  8. 8

    「鬼滅の刃=Demon Slayer」米国では炭治郎の耳飾り“旭日旗”問題は?

    文春オンライン

    05月08日 14:48

  9. 9

    「ダブルスタンダードになる」国民投票法改正案可決で立民が見せた“国対政治”に苦言

    BLOGOS しらべる部

    05月08日 08:03

  10. 10

    福岡で過去最多519人の感染確認 半数は福岡市

    ABEMA TIMES

    05月08日 20:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。