記事

IMF専務理事の騒動

突然、海の向こうのIMF専務理事ストロスカーンさんにとんでもないレイプスキャンダルが発生。

日本では、政界の細かい潰しあいにうんざりしていますが、

このスキャンダル、なんとなく、うさんくささが漂っていますね。

フランス人のストロスカーンさんが逮捕されたのがアメリカで、代行で仕切るのが、アメリカ人のリプスキーさん。

フランス人ではなく、アメリカ人にIMFを仕切らせたい何かがあるのか?

アメリカの現在の財政事情が絡んでいるのか?

新しい通貨制度の構築と絡んでいるのか?

ただ、リプスキーさんは8月で退任するつもりらしい。では、次は誰になるのか?

日本にいたら、震災の話でいっぱいだけど、俯瞰して世界を見渡すと、震災問題は大きな渦の一つの事象に過ぎない。だから、その流れの中で震災を位置づけないと、完全に間違った方向に走ってしまうんだろうね。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

  4. 4

    医療逼迫から社会逼迫 結局柔軟な対応ができない日本という国

    中村ゆきつぐ

    01月25日 09:15

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。