記事

与野党幹事長が会談「審議を通して安保法案の矛盾を指摘していく」枝野幹事長

画像を見る

与野党の幹事長・書記局長が27日午前、国会内で会談し、安保法案の強行採決をめぐって不正常になっていた衆院で参院選挙制度改革法案の審議入りや予算委員会の日程協議に入ること、また各委員会での一般質疑についても現場で進めることなどを合意した。

会談では谷垣自民党幹事長が「安保法案の出口のところでいろいろあったが、参院の選挙制度について衆院に送付されてきているので審議を行いたい。また予算委員会の開催についても積極的に受けたい」などと提案。これに対して民主党の枝野幸男幹事長ら野党側出席者は「衆院での強行採決は納得できるものではない。今後はこうしたことのないような円満な国会運営に努めてもらう約束がなければ、すぐに納得できる話ではない」「国会の会期はまだ2カ月近く残っているが、法案のない衆院の委員会がある。しっかりと委員会質疑を行っていくように」などの注文を付けたうえで、「われわれとしても、国会審議を充実させることが目的なので、参院選挙制度改革法案の審議に入ること、予算委員会の日程協議に入ること、各委員会での一般質疑についても各現場で話を進めることに同意する」などと述べ、与野党で確認した。会談終了後に枝野幹事長が記者団に報告した。

今後はどう追及していくのかとの質問に枝野幹事長は、「安保法制は憲法違反、立憲主義違反なので、そのことをさらに明確にしていく。各論、具体論のところにも矛盾が出ているので、その矛盾も指摘していく」と答えた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  4. 4

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。