記事

FRB、6月FOMC向けスタッフ見通しを誤配信

Fed Inadvertently Released Staff Economic Projections For The June FOMC.

米連邦準備制度理事会(FRB)は、再び情報漏洩という失態を演じてしまいました。

今回は6月16〜17日開催の米連邦市場委員会(FOMC)向けの非公開FRBスタッフ見通しを誤って公表したため、ウェブ上に公式掲載せざるを得なくなったのです。本来は5年間、公開を待たねばならなかったのですが・・職員の「うっかり( inadvertently)」ミスでホームページに更新したデータにスタッフ見通しを含んでしまったため、見やすい体裁に変更して公表に至ったといいます。

成長・インフレ見通しは以下の通り。
リンク先を見る

全体的に6月経済・金利見通しよりグッと慎重なトーン。2015年の成長見通し中央値は1.9%、2016年は2.55%、2017年は2.3%でした。

FF金利(オレンジ線)、10年債利回り、自然失業率などの予想は以下の通り。
画像を見る

FF金利見通しは年内の0.35%をはじめ、全体的に押し並べて6月FOMC見通し・中央値より断然低い。資料によると、以上の見通しはFOMC参加者の金融政策への見方を反映していません。まあ、当然そう注釈をつけますよね・・。 FF金利見通しの割に、自然失業率は5.2%にとどめ年内利上げをサポートしています。ハト派寄りとの解釈払拭につながり、債券市場はさほど反応しませんでした。

Fedの不注意の歴史をひも解くと、まず2012年10月4日公表予定だった同年9月米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を直前の3日、メドレー・レポートにすっぱ抜かれる不名誉が挙げられます。しかも、当時FRB理事だったイエレン議長が同年6月にメドレーのアナリストであるレジーナ・シュレガー氏と面会していたために、疑惑を向けられてしまいました。2013年4月には、3月FOMC議事録公表の19時間前に米議会スタッフをはじめ米銀行家協会、米金融機関の幹部などに誤ってリリースしてしまう失態も。米議会によるFedへの風当たりは、ますます強まりそうです。

あわせて読みたい

「FRB」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  4. 4

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  5. 5

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  6. 6

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  7. 7

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

  8. 8

    「スマホレジ」が変えるコンビニ店舗の風景

    内藤忍

    09月24日 10:29

  9. 9

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  10. 10

    山口FGで起きた「山口の変」が示唆する地銀改革を邪魔する根源

    大関暁夫

    09月24日 14:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。