記事

米新築住宅販売7カ月ぶり低水準、市場回復傾向は続く

[ワシントン 24日 ロイター] - 米商務省が24日発表した6月の新築1戸建て住宅販売(季節調整済み)は、年率換算で前月比6.8%減の48万2000戸と、昨年11月以来7カ月ぶりの低水準となった。市場は横ばいを予想していた。

5月の数字は当初発表の54万6000戸から51万7000戸へと大きく下方修正され、前月と比べてマイナスとなった。一方、6月は前年同月比で18.1%増加した。

前月比で2カ月連続のマイナスとなったものの、前月比の数字は振れやすい傾向がある。新築住宅販売が住宅市場全体に占める割合は8%程度にすぎず、住宅市場は全般的に回復傾向が続いていることから、「足元、新築住宅販売の動向を過度に不安視すべきでない」(JPモルガンのダニエル・シルバー氏)との声も聞かれる。

22日に発表された6月の米中古住宅販売件数は8年以上ぶりとなる高い水準をつけた。17日発表の6月の住宅建設許可件数も8年近くぶりの高水準で、着工件数も底堅く伸びた。

6月の新築住宅販売を地域別にみると、北東部は前月比28%の増加。5月は78.6%の大幅増だった。一方で西部は17%、中西部は11.1%、南部は4.1%それぞれ減少した。

住宅在庫は3.4%増の21万5000戸と、2010年5月以来の高い水準だったが、住宅バブルのピークと比べると半分以下の水準にとどまっている。

販売ペースから計算した在庫消化に必要な期間は5.4カ月で、昨年11月以来の長さとなった。5月は4.8カ月だった。

販売物件の中間価格は前年同月比で1.8%値下がりし、28万1800ドルだった。新築1戸建て住宅は住宅市場全体の8.1%を占める。

*内容を追加して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。