記事

アサヒビール、電通、ヤフー……エース社員研修に潜入 -中原 淳

1/2

大手5社の次世代リーダーが美瑛に集まった理由

美しい丘の町として知られる北海道・美瑛町は、他の地方都市同様、人口減少や観光客の減少、農家の後継者不足など、様々な地域課題を抱えています。そうした地域的課題の解決につながる提案プレゼンテーションの発表イベントが、2014年10月25日、美瑛町の町民センターで行われました。

画像を見る
紅葉の美しい青い池。世界的に有名なこの池など美瑛の観光スポットをライトアップし、冬季の観光客を集める提案も。

「世界的に有名な『青い池』をはじめとした美瑛の観光スポットをライトアップし冬季の観光客を集める」「美瑛の野菜や肉を丘で味わうBBQを通して農家と観光客の交流を図る」「新規就農者を増やすため、人材派遣や研修を行う組織を新設する」など、町を活性化する提案が次々と発表されました。これらはいずれも採用され、実現に向けての検討が始まっています。

実はこのイベント、大手企業5社による若手社員向け異業種コラボレーション研修「地域課題解決プロジェクト」の一コマ。美瑛町長をはじめ、集まった150名の美瑛町民の前で渾身のプレゼンを行ったのは、研修に参加した20~40代のヤフー、インテリジェンス、アサヒビール、日本郵便、電通北海道の社員と美瑛町職員や観光協会、農協、商工会の職員たち。業種も職種も勤務地もバラバラな混成メンバー5、6名からなる6チームが、2014年5月から10月の5カ月間、それぞれの仕事をこなしつつ、協力し合って地域課題に対する解決策を練り上げ、この発表に至ったのでした。

昨今では、異業種との連携によって、新事業や新製品開発に取り組み、新たなビジネス創出につなげようとする「異業種コラボ」ビジネスの動きが活発です。12年新宿にオープンしたユニクロとビックカメラの共同店舗「ビックロ」もその一つといえます。

こうした流れを受けてか、企業の人材育成の世界でも、2社以上の社員が合同で研修を受ける「異業種コラボ研修」が行われることが増えています。ただ、今回のような異業種5社が、5カ月という長期にわたって、しかも地域課題解決を題材に研修を行うということは、日本初(もしかして世界初?)のことかもしれません。

企業は異業種コラボ研修に何を求めているのでしょうか。そして、個性豊かな異業種メンバーが協働する研修で、各社の次世代リーダーたちは何を学んだのでしょうか。今回はこの異業種コラボ研修をご紹介したいと思います。

同じ組織内では緊張感も失われがち

この研修は、ヤフーピープル・デベロップメント統括本部長の本間浩輔氏の構想から始まります。ヤフーでは、美瑛町の廃校となった小学校を研修施設として再利用する計画を進めていました。本間氏はその過程で、美瑛町が直面する様々な課題を知り、「これは研修になる」と直感したといいます。

「ビジネスをリードする人材を育成するために本当に必要な研修とは、多様な人間関係の中で課題を発見し、解決策を探り、アウトプットする、といった形のものではないかと考えていました。それはまさに『ビジネスそのもの』なのですが、同じ組織内では慣れもあり、緊張感も失われがち。それならば、異業種というダイバーシティの中でチームをつくり、社会課題解決という本気になれるテーマに取り組む研修ができないかと考えたのです」

画像を見る
(上)10月25日、異業種コラボ研修「地域課題解決プロジェクト」の最終プレゼンテーション発表会が行われた美瑛町の町民センター。(下)美瑛町長と約150名の町民を前に、各社の代表で混成された6チームが熱の入ったプレゼンテーションを行った。

そんな構想を抱いた本間氏が部下の池田潤氏とともに、東京大学・中原研究室に来られたのが2013年秋のこと。自分たちと一緒に、この研修をともに企画・実施し、監修・ファシリテーターを引き受けてほしいとのことで、私は、リーダーシップ開発研究の最新の知見を導入し、この研修運営のお手伝いをすることにしました。

「地域課題解決をテーマとした異業種コラボのアクションラーニング」という前例のないチャレンジでしたが、美瑛町からも快諾が得られ、縁あって声をかけた異業種4社とともにプロジェクトがスタートしました。

そのうちの1社、インテリジェンスの高橋広敏社長は、地域そして異業種コラボに可能性を感じた理由を「人材関連ビジネスを行ううえで、大都市に集中する優れた人材を地域へ送り込むことで、地域に眠るビジネスチャンスを掘り起こすことができるのではないか。また、IT、食品、物流、広告、そして人材とこれだけ異なるノウハウや実績を持つ会社が集まれば、面白いことができるはずだと考えた」と話します。また、日本郵便の執行役員、経営企画部の鶴田信夫氏は参加理由を「民営化後、地域に対してより付加価値の高いサービスを提供するためには、新しいビジネスを生み出せる人材の育成が急務。今後は地域、他社との連携によって価値を生み出す経験を若いうちから積むことが大切」と話します。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  5. 5

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  6. 6

    糖質制限をめぐる異なる説に困惑

    諌山裕

  7. 7

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  8. 8

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  9. 9

    老人より事故多い若者 対策急げ

    毒蝮三太夫

  10. 10

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。