記事

アングル:金相場、20日急落はNY市場の売りが引き金 

[ニューヨーク 22日 ロイター] - ロイターがニューヨークと上海の金取引データを分析したところ、20日の金先物相場の急落は商いの細るアジア取引時間帯にニューヨーク商品取引所(COMEX)でまとまった売り注文が出たことが引き金だったことが分かった。

金は上海時間の20日午前9時29分過ぎにCOMEXで1件もしくは複数の大量の売り注文が出ると売られ始めた。出来高は瞬く間に5000ロットに膨らみ、相場はわずか4秒間に約20ドル下がって1100ドル台を割り込んだ。

市場のこうした動きはベテランのトレーダーにとっても驚きだった。BMOキャピタル・マーケッツの工業用金属・貴金属取引部門ディレクターのタイ・ウォン氏は「8000ロットの取り引きで50ドルも動いたのはショックだった。商いの薄い時間帯だったが、それにしても大きな衝撃だった」と話した。

ニューヨーク市場で売りが出た数秒後に、取引が始まったばかりの上海金取引所で取引高が増加したが、米市場での売りにすぐに反応したわけではなかった。

中国株式市場の急落に見舞われていたディーラーの多くは即座に、中国のファンドによる売りが原因と考えた。

しかしロイターの分析によると、取引量がはるかに多く、相場急落のきっかけとなったのはニューヨーク市場だった。

ただアジアと米国の両市場で流動性が薄かったことが相場の下げを加速したのは間違いない。売りが始まったのはニューヨークでは日曜日の夕方、ロンドンでは午前2時半。取引の多い日本市場はこの日は休場だった。

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  5. 5

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  6. 6

    安倍氏聴取に感じる特捜部の覚悟

    早川忠孝

  7. 7

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  8. 8

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  10. 10

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。