記事

矛盾~「実質賃金上昇」を強調したい政府と、「安定的物価上昇」を強調したい日銀

昔、中国の楚の国で、矛  と盾  とを売っていた者が、「この矛はどんな堅い盾をも突き通すことができ、この盾はどんな矛でも突き通すことができない」と誇ったが、「それではお前の矛でお前の盾を突けばどうなるか」と尋ねられて答えることができなかったという故事が語源となっている「矛盾」。

政府がアベノミクスの成果として訴えたい「実質賃金」と、日銀が異次元の金融緩和の成果として訴えたい「物価安定目標」は、「矛盾」の故事に準えると「矛」と「盾」の関係にあるようです。

「厚生労働省が17日に発表した5月の毎月勤労統計調査(確報値)によると、物価変動の影響を除く実質賃金指数が前年同月比で横ばいになり、2013年4月以来、25カ月ぶりにマイナスを脱した。6月30日発表の速報値では0.1%のマイナスだったが、確報値で上方修正した。企業業績の改善でボーナスなどの特別給与が伸びた」(17日付日本経済新聞 「実質賃金 マイナス脱す」)

先週末、実質賃金が前年同月比で横ばいになり、25カ月ぶりにマイナスを脱したことが大きく報道されました。

「名目の賃金指数を消費者物価指数(CPI)で割って算出する」(同日本経済新聞) 実質賃金の低下は、賃金上昇による景気回復を唱え続けているアベノミクスにとってのアキレス腱でしたから、例え「前年同月比で横ばい」に過ぎなかったとしても、政府は「マイナス圏を脱した」ことは大きくアピールしたいところだと思います。

その一方、19日付の日本経済新聞では、日銀が消費者物価指数の基調を把握するため、新しい指標に着目し始めたことが報じられています。

「日銀は消費者物価指数(CPI)の基調を把握するため、新しい指標に着目し始めた。金融政策の目標に置く生鮮食品を除いた指数から、昨夏以降の原油安の影響が残るエネルギーも除いたもので、1~2月を底に上昇幅が拡大している。加工食品やサービスの値上げなど足元の物価動向を確認する狙いだ。・・・(中略)・・・ 新指標の上昇幅は3カ月連続で拡大。直近の5月は前年同月比で0.7%上昇し、1月と2月を底に緩やかな上昇基調にある」(19日付日本経済新聞 「日銀、物価判断に新指標」)

5月の消費者物価総合指数が前年同月比0.5%の上昇にとどまるなか、「早期に2%の物価安定目標を達成する」ことを政策目標に掲げて「異次元の金融緩和」を続ける日銀にとって、少しでも安定的に物価が上昇していることを示すデータはとても魅力的に映っているようです。

日銀は物価の基調判断を、これまでの「生鮮食品を除く指数」よりも足下高めになっている「生鮮商品・エネルギーを除く新指標」に変更することを目論んでいるようです。

「新指標の上昇幅は3カ月連続で拡大。直近の5月は前年同月比で0.7%上昇」しているということですから、前年同月比0.1%の上昇にとどまっている「生鮮食品を除く総合指数」に比べると、政策目標に近付いていると主張するには都合の良い指数ということになります。

「実質賃金指数は名目の賃金指数を消費者物価指数(CPI)で割って算出する」(17日付日本経済新聞 「実質賃金 マイナス脱す」)
この説明からも明らかなように、実質賃金が上昇するためには、単純に言えば分子である名目賃金が上昇するか、分母である消費者物価指数が低下することが必要だということです(正確には両者の相対関係によります)。

つまり、「実質賃金上昇」という成果をあげたい政府にとっては、分母である物価指数は小さい方が都合がよく、「物価安定目標」を早期に達成したい日銀にとっては、分母の物価指数は大きい方が都合がいいということです。

ここで湧いてくる疑問は、「日銀が着目する新指標で実質賃金を算出したらどうなるのか」というものです。

実質賃金と物価の間に上述のような関係にありますから、消費者物価指数よりも高い上昇率を記録している新指標を分母にして実質賃金を算出すれば、消費者物価指数を用いて算出した従来の実質賃金よりも小さな値になります。

ということは、「25カ月ぶりにマイナスを脱した」といっても、消費者物価指数を用いて算出された実質賃金は前年同月比横ばいに過ぎませんから、新指標を用いて算出された実質賃金は未だにマイナス圏にあるということになります。

「実質賃金の上昇」という成果を強調しようとすれば「2%の物価安定目標の早期達成」が難しいことが露呈し、「2%の物価安定目標の早期達成」が可能であることを強調しようとすれば「実質賃金の上昇」が危ういものになってしまいます。

日銀が「生鮮食品・エネルギーを除く新指標」に着目しているということは、現状、政府と日銀の政策目標が「矛盾」する関係にあることを露呈したものだといえます。

こうした「矛盾」がバレないように、政府と日銀は、それぞれに都合の良い物価指数を使い分けることは想像に難くありません。国民は政府・日銀のこうした二枚舌に惑わされないようにする必要がありそうです。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GW10連休に理解苦しむ世界経済

    澤上篤人

  2. 2

    アメトーク西成差別 当事者の傷

    田中俊英

  3. 3

    よしのり氏 山口真帆騒動に指摘

    小林よしのり

  4. 4

    JAL国内線 個人モニター搭載の謎

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    自民に勝利宣言する立民の勘違い

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    堺市長辞職 維新が狙う後任の座

    橋下徹

  7. 7

    AAA 知っているのは西島くらい

    渡邉裕二

  8. 8

    まるでオカルト NHK報道の質低下

    水島宏明

  9. 9

    倉本聰が描くテレビ局への怒り

    メディアゴン

  10. 10

    共産党関係ない大阪の自民連敗

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。