記事
  • Tnsori

LINE MUSICのCMソングがiTunes Storeで売上急上昇!「定額制」契約にためらい有り?

定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」のCMに起用されている楽曲が、今週の音楽シーンを賑わせている。

1曲はカーリー・レイ・ジェプセンの「I Really Like You」で、最新のiTunesトップソングで1位を獲得するほどの大ブレイクとなっている。もう1曲は西野カナの「好き」で、CMの放送が始まった途端に、圏外からトップ10に浮上している。

■ 「LINE MUSIC」のCMが再ヒットをもたらす

 カーリー・レイ・ジェプセンと西野カナの楽曲が売れ行きを伸ばし始めた時期は、「LINE MUSIC」のCMの放送開始時期と重なる。

 iTunesのトップソングで、カーリー・レイ・ジェプセンの「I Really Like You」は、CMの放送開始前に20位台を推移していたものが、放送開始後には1位(7/19付)まで浮上。西野カナの「好き」はCMの放送開始前に圏外だったが、放送開始後には9位(7/19付)まで浮上している。
15/07/19付iTunesトップソング:カーリー・レイ・ジェプセン「I Really Like You」登場137日目で初のチャート1位獲得!

■ 「LINE MUSIC」CMで「iTunes Store」の売上が伸びた意味を考える

 「LINE MUSIC」のCM効果で「LINE MUSIC」の利用者がどれだけ増えたかは定かではないが、少なくとも「iTunes Store」における2曲の売れ行きが上がったことが分かるのは間違いない。定額制の音楽配信サービスのCMを見て、従来型の音楽配信サービスで楽曲を購入するアクションが多く発生したということになる。

 これらのサービスの性質を考慮すると「iTunes Store」で今回の2曲を購入した層が「LINE MUSIC」を同時に契約していることは考えにくい。逆に「LINE MUSIC」の契約者が「iTunes Store」で楽曲を購入しているとも考えにくい。

 つまり、今回の現象を言い換えると、理由は不明だが、CMを見て定額制の音楽配信サービスを使おうと思うのではなく、そのまま従来型の音楽配信サービスを使い続けようと考えた層が多く存在することが、浮き彫りになったと言えるようだ。音楽配信のパラダイムシフトが進むと言われる中で、実に興味深い現象と言える。

あわせて読みたい

「音楽配信」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。