記事

新国立競技場 誰もが歓迎できる建設計画を

この決定を、誰もが歓迎できる新しい競技場建設に向けた第一歩としていきたい。安倍首相は17日、建設費用の高騰が問題視されている新国立競技場の建設計画を白紙に戻して見直す方針を表明した。

2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新競技場は当初、建設費1300億円を前提に、外国人女性建築家のデザインを採用することが決まっていた。しかし、当初案は何度か変更を加えても2520億円もの建設費が必要とされた。この金額は、近年の五輪開催地のメーン施設に比べると飛び抜けて高い。このため、なぜこれほど高額なのか説明を求める声が高まっていた。

これまでの経緯を振り返れば、コスト意識が欠如していたことは否めない。今回、政府が国民の声に耳を傾け、計画変更を決断したことは妥当な判断だろう。大会開催都市の経済的な負担軽減をめざす国際オリンピック委員会(IOC)の幹部も、建設計画の見直しについて「(大会の)開催には影響しない」と理解を示している。

新しいデザインを決める国際コンペは半年以内に行われる方針だが、新デザインの採用理由や建設費用、工期などについて、政府は国民に丁寧に説明していかなければならない。そして、何よりも建設計画が最終的に決定するまでの過程が国民に分かりやすく伝わるようにすべきである。

焦点の一つだった新競技場の工期に関して、19年のラグビー・ワールドカップの開催には間に合わない見通しとなった。同大会の会場変更は、国際競技団体であるワールドラグビー(WR)の承認が必要となる。今週から日本協会とWRは本格的な協議に入るとみられるが、円滑に協議が進むよう政府は積極的に協会をバックアップしてほしい。

通常、五輪が開催される前年には、本大会の会場で、予行演習となるプレ五輪が開催される。新競技場の建設がプレ五輪に間に合わないようであれば、それを参加予定国に説明し、理解を得る努力も求められる。

メーン会場の建設計画見直しという方針転換に伴う混乱が最小限にとどまるよう、政府は細心の注意を払って今後の作業を進めてもらいたい。

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  10. 10

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。