記事

どこが違う? 何が問題? 中学校の歴史教科書 -野田 数

教育評論家 野田 数 構成=青柳雄介 撮影=早川智哉

来年度から公立中学校で使用される教科書は、各市町村の教育委員会がどの教科書を使うか8月末までに採択し、文科省に報告される。事実上現場の教員の推薦によって決定されていたこれまでの慣行をなくし、採択を適正に行うよう文科省は通知を出し求めた。教育評論家で、過去に東京書籍に在籍したことのある野田数氏は教科書選定の問題点をこう分析する。

4年に1度行われる中学校の教科書採択で、いま最大の焦点となっているのは東京書籍版と育鵬社版の歴史、公民の教科書の動向です。

東京書籍は教員に支持を受けていることでシェアナンバー1の地位を不動のものにしてきました。これは何を意味するか。教育委員が会議で責任を持って教科書の採択を行うルールが形骸化されてしまったのです。現場の教員が推薦する2~3社程度の中から選ぶ「絞り込み」という行為が行われ、教育委員がそのまま追認するのです。

いまでも行われている「絞り込み」は悪慣行であるばかりでなく、そもそも違法行為です。文科省は今春、その禁止を明記した通知を出しています。絞り込みが横行すれば教員に支持される教科書をつくらざるをえず、日教組や全教といった教職員組合の教員が多い現在、どうしても「左寄り」の教科書が選ばれてしまう現実がありました。これでは、生徒が使う教科書は、公正・公平な視点で選べなくなってしまいます。

一方、育鵬社はフジサンケイグループ、扶桑社の子会社として4年前の前回から参入しました。安倍政権の教育再生の取り組みによって教育委員会が主体的に教科書を選べるようになった一方で、首都圏でもまだ絞り込み作業が行われています。たとえば埼玉県内の市長村。中学校の歴史の教科書はすべて東京書籍が採択されています。採択地域がたくさんあるのに、組織的な絞り込みが行われている例です。

今回、学習指導要領にもっとも忠実な教科書である育鵬社と、シェア1位で左派系の東京書籍の一騎打ちになると予想されています。

両者の教科書の違いはどこにあるか。それは取り上げる人物に端的に表れています。育鵬社では聖徳太子や鑑真、西郷隆盛や伊藤博文、渋沢栄一などのわが国に功績のある歴史上の偉人がピックアップされています。東京書籍では一般国民にはほとんど知られていない古代のアテルイ(大和朝廷に抵抗した蝦夷軍の軍事指導者)や、近代の項では幸徳秋水(社会主義者・無政府主義者)です。東京書籍のコラムで取り上げる人物に、イデオロギー的な判断が入っているとしか思えません。公民の教科書でも(日本では慎重意見の根強い)外国人参政権にも大きくページを割くなど、左派的なトピックの目白押しです。

画像を見る
東京書籍(写真左)と育鵬社(写真右)の中学校歴史公民教科書。

戦争に関連して言えば、東京書籍の「歴史」は、日本の戦争を「侵略」と表現し、他国の戦争などは「侵攻」「進入」となっている。こうしたところにも非常に恣意的なものを感じます。

私は、一時期、東京書籍に所属していたことがあります。当時の教科書に「南京事件の被害者は20万人」という記述がありました。それはなぜかとの質問に対し役員は「1万人という説も、100万人という説もある。20万人ならバランスが取れる」という旨の返事でした。彼らが売るためだけに教科書をつくっていたとは考えたくないですが、良質な教育、よい教科書とは何かという議論がなく、当時の実質上の教科書採択者であった教職員におもねってつくられた側面は否定できないと思うのです。

今年の教科書採択は、自治体の首長より任命された教育委員によって決定されます。教科書シェア上位の教育出版、帝国書院、日本文教出版は、東京書籍とほぼ同様の記述があり、育鵬社との違いは明確です。共産党系以外の対立候補がいないことで、政治的態度を選挙で明らかにする必要がなかった首長が、本当はどんな政治思想を持っているのかがわかるチャンスなのかもしれません。

※編集部注:教科書の記述についての疑問を東京書籍社長に書面で尋ねたが、広報から「対応する」との返事があったものの期限までに回答はなかった。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  4. 4

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  8. 8

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

  9. 9

    「苦労は買ってまですべきですか?」という疑問に反響

    キャリコネニュース

    08月03日 12:10

  10. 10

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。