記事

マスコミ報道に不満を増幅させているウヨク勢力 つるの氏につぶやきにすがる人たち

 先日、「つるの剛士氏の安保関連法案「賛成意見も聞きたいなぁ」が正論であろうはずもない」をエントリーしたところ、ブロゴスへの転載分も含め、多くの方に読んで頂きました。ありがとうございました。

 色々とご意見も頂きましたが、つるの氏の発言は、マスコミでは反対派の声ばかりが目立ち、要は賛成派の意見も聞きたいというものですが、マスコミ報道にとても不満を持っている人たちがこのつるの剛士氏のツイッターでの発信に共感していたことがとてもよくわかりました。

 要はその支持層の実態はウヨク勢力なのですが、ウヨク勢力からすると、今の報道のあり方ですら大いに不満なのです。
 私からみれば、反対派の声をきちんと報道しているのか、国会での与党の暴挙をありのままに報道しているのか、特にNHKは生中継をしなかった点においてその報道姿勢が問われるのですが、このようなマスコミですら、ウヨク勢力にとっては不満なのです。

 それがつるの氏のあたかも中立を装ったつぶやきに便乗したわけです。
 要は、戦争法案に賛成の声も報道しろ! ということなのです。
 その不満が一気に噴出したということなのですが、J-CASTの「つるの剛士、安保関連法案「賛成意見も聞きたいなぁ」 正論なのに反対派から大バッシング受ける」の記事もつるの氏のつぶやきを利用して、他のマスコミ報道を牽制しようとしたわけです。
 あたかも正論であるかのような一般論を持ち出すことによって、現在の報道のあり方に難癖をつけようとしたのですが、それに乗ってきたのウヨク勢力ばかりでした。
 現在のマスコミの報道はサヨク的でけしからん、というような人たちにしか受けなかったということです。

 ところで、私がこのような意見を書いたことについて、一俳優にすぎない人に噛みつくのはいかがなものかという批判的な意見がありました。これは戦争法案に対する賛否を問わずです。
 私も単にツイッターでのつぶやき程度であれば、相手にすることもありません。しかし、J-CASTの中でウヨク勢力の声を代弁する形で報道された以上は、黙っているわけにはいきません。
 あたかも正論であるかのような言われ方に対しては、どこが間違っているのか、断固、批判しなければなりません。
 このような詭弁に欺されるようなことがあってはならないからです。

 ウヨク勢力は日増しに報道のあり方に矛先を向けています。

秩序を欠いた事実と異なる報道により世論は歪む」(長尾敬衆議院議員・自民党)

 自分たちがろくに説明をしないで、国会でもはぐらかすような答弁しかしていないのに、よくもまあマスコミに食って掛かれるものです。まさに恥知らずです。
 この長尾氏は、上記記事の中で、「法律を守らぬ権利主張、秩序のない報道の自由。秩序が乱れるなか、嘘、捏造は徹底的に排除しなければ、正しい議論にはなりません。南京問題も、慰安婦問題も、数のねつ造に端を発し、事実のねつ造を誘導しました。絶対に引き下がれません、重要なことです。」だそうですが、非常にきな臭い発言です。

 権力側にいるウヨク議員たち、それを後押しするウヨク勢力にとってはマスコミ報道の現状は看過できない事態に陥っているということをまざまざと見せつけてくれました。

【関連記事】
つるの剛士氏の安保関連法案「賛成意見も聞きたいなぁ」が正論であろうはずもない

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  3. 3

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  4. 4

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  8. 8

    高級車雨ざらし カーシェア破産

    SmartFLASH

  9. 9

    岸長男めぐり安倍家-岸家が火花?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。