記事

「オオカミが来たぞ」は奥の深い寓話である

安保法制の強行採決を朝日社説が「民主主義、立憲主義が壊されてしまう」と書いたら、産経新聞の産経抄が「またオオカミが来たぞと叫んでいる」と茶化す。

PKO法案のときも、特定秘密保護法案のときも、同じことを書いたじゃないかと馬鹿にする。 

この自称保守側の「オオカミが来たぞ」理論は、実はもうとっくに破たんしている。

「原発は危険だぞ」とサヨクが叫んでいたのに、信じなかったのが自称保守派だ。

オオカミは来たのである。

「でも二度と来るもんか」と意地張ってるのが自称保守派である。 

「アフガン・イラク戦争は大義なき侵略戦争であり、失敗する」と警告したのがわしである。

その時わしを「堕ちたゴーマニズム」と言って盛大にバッシングしたのが、従米ポチ保守である。

だが結果はアメリカの敗北、撤退、米英は失敗を認めた。 

危機を警告するのが「オオカミが来たぞ」であり、根拠がある場合は、オオカミが来るのだ。

だが、イラク戦争の結果を見ても、従米ポチ保守は、オオカミを見ないふりをする。

反省しない。わしに謝罪しない。 

一方で、従米ポチ保守は「中国が来るぞ」という警告は必死に発している。

危機感を煽り、安保法制に大賛成する。

オオカミは中国か、アメリカか? 

戦前なら「日本は負けない、神風が吹く」と言って、侵略を進めたのが軍部とマスコミと国民である。

その時代に「オオカミが来るぞ」と言うのは、非国民とされるので警告自体が出せなかった。 

だがオオカミ(米国)が来たのである。

オオカミは来てしまったらおしまいなのだ。

オオカミはこの国の人々を食い荒らし、洗脳して、基地を置いて、永遠に目を光らせるつもりだ。

そして現在、従米保守派は、すっかりオオカミに洗脳されて、こう叫ぶのである。

「オオカミに追従しろ!」

「オオカミに追従すれば村人は百年安泰だ!」

「オオカミが来たぞ」の寓話は、このように、もっと深く、知的に考察するべき真実を含んでいる。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。