記事

新国立競技場「自らを棚にあげての民主党批判は総理の品格落とす話」岡田代表

画像を見る

 岡田克也代表は17日午後、党本部で定例の記者会見を開き、安保法案、イランの核開発問題、新国立競技場建設問題について発言した。

 安保法案について岡田代表は、16日に法案が強行採決されたことを「残念だ」と述べた上で、「国民の8割が政府は説明不足と言い、半数を越える人たちが違憲、今国会での採決に反対している」と指摘。なるべく各地で法案の問題を訴えていくと話し、自らも18日に仙台、20日に京都で街頭演説を行うことを明らかにした。

 イランの核開発問題については、「私が外務大臣の頃にも大きな関心を持っており、当時から解決に向けて取り組んできた」と振り返り、「イランは中東の大国でいろいろな意味でポテンシャルを持っている。核を持つ持たないで状況は大きく変わってくる。心を開いて交渉をした結果で、オバマ外交の一つの勝利だと思う」と述べた。また、核の不拡散という意味で、例えば北朝鮮に対して良い効果を及ぼす可能性もあるとして、「しっかりと制裁をすることを前提として、中国とも連携しながら北朝鮮を追い込むことが望まれる」とも話した。

 新国立競技場建設問題については、「これは当然見直すべきだ」と指摘した上で、「3千億円を超える金額はあまりにも論外。次の世代に大きな重荷を背負わせること。財政を立て直すという強い気持ちがあれば、もっと早く見直しの議論が出てきて当然だった」と批判し、「財政の厳しい状況をを何とかしなければという国民の健全な感覚が今回の見直しに至ったと思う」と感想を述べた。

 安倍総理が「新国立競技場の計画を決めたのは民主党政権時」と批判していることについてどう思うかとの質問には、「デザインを決めたのは民主党政権時。全く関係ないという気はないが、それから3年近く経っている。詳細設計や金額が決まってきたのは安倍内閣になってから。そのことを棚にあげて民主党を批判することは非常に恥ずかしいこと。内閣総理大臣として、非常に品格の落ちる話しだ」と切り捨てた。さらに「これは、いかに無駄遣いをなくしていくかという問題だ。蓮舫代表代行を中心に、民主党としてもより良いものができるように、またなぜこういうことになったかを検証していく」と答えた。

 維新の党が参院でも安保の独自案を出すとしていることについての民主党の考えを問われると、「領域警備法は衆院で廃案になったわけではない。共同提出した維新と相談することになる」と答えた。「PKO法や周辺事態法については考え方はまとまっている。党内手続きを進め、法制局などと最終的な詰めをする段階だ」と述べた。法案として提出するかどうかについては、「出せばその分政府案の問題点を議論する時間が減るなどの面もあるので、何が一番良いのか、その時の状況を見ながら判断していく」とした。

 参院の選挙制度改革で、自民党が比例代表に拘束名簿方式を導入しようとしていることについて聞かれた岡田代表は、「前からそういう話はあったが、この期に及んで急に出してきても、本気度を疑われる。党内対策で言っているだけかもしれない」と述べ、まずは1票の格差是正法案の本会議採決を急ぐべきとの考えを示した。

あわせて読みたい

「新国立競技場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  5. 5

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  6. 6

    安倍首相のサミット訪米に反対

    鈴木しんじ

  7. 7

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  8. 8

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新検事長は安倍政権の不正に迫れ

    天木直人

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。