記事

昨年と高値面合わせで反落した日本

1/2
1〜2カ月の1回程度グラグラと調整が来る。それをこなしながら徐々に上がる。
これが巡航速度時代の相場だ。
EPSの上昇が伴えば持続的に上がるが、EPSが前回ピークを超えないなら「ノコギリのメタテ(=下がると元の黙阿弥状態)」のような上下動に終始する。

PER拡大だけでは持続的な上昇ができない。EPSの持続的な上昇があるから安心して株を買う人が増加するので、結果的にPERも切り上がる。

画像を見る



日本株は昨年4月に近いレベルに来た時に、タイミング良く(悪く?)アフリカ中東攻勢の緊迫化、原油価格の上昇、ドル軟化という外部要因で小休止させられた。

画像を見る


国債の格下げ、メガバンクの格下げ、政治の混乱、企業分野でのIT関連設備投資の息切れと、内部要因は良いとは言えない。中国アジアビジネスの好調が明るい部分だ。
日本のCDSスプレッドは高止まりしているが、100bpを超えない限り、相場を大きく乱すことはないだろう。

画像を見る


Jリートは、アフリカ中東情勢緊迫化以前に自律的なスピード調整に入っていたので、他セクターよりも早めに反騰が始まるだろう

画像を見る


カード・サラ金の怒涛の反発は一段落のようだ。
一番下がったアイフルの反騰が一番大きかった(破綻した武富士は別)ことも、ショートカバーが中心であることを象徴している

画像を見る

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。