記事

サムスン物産、第一毛織による吸収合併を可決 大株主は法廷闘争継続

[ソウル 17日 ロイター] - 韓国のサムスン物産<000830.KS>が17日に開催した臨時株主総会で、サムスングループの事実上の持ち株会社である第一毛織<028260.KS>による吸収合併が69.53%の賛成を得て可決された。可決には3分の2の賛成票が必要で、ぎりぎりでの可決となった。

サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長(73)は昨年以来、心筋梗塞で入院中。合併計画は、分散した事業を再編し、李家で世代交代を進めたい同グループにとって不可欠とみられており、サムスン物産の崔治勲最高経営責任者(CEO)は総会の場で株主らに合併案への支持を呼びかけていた。

サムスン物産を過小評価しているとして合併に反対を表明していた米ヘッジファンドのエリオット・アソシエーツは、声明で「多くの独立系株主の反対にもかかわらず、合併が承認されたことに失望した」と表明した。エリオットは保有比率7.1%の第3位株主で、16日に株主投票の差し止めなどを求めて韓国の最高裁に上告していた。

総会では合併が可決されたものの、エリオットは今後も法廷闘争を継続する見通し。合併後の新会社については、株式2%以上を保有することになる。

関係筋によると、サムスン物産の株式11.2%を保有する最大株主の国民年金(NPS)は賛成票を投じ、吸収合併承認に決定的な役割を果たした。

NPSは、外部の専門家委員会に相談することなく賛成を決定。これに対し、同委員会は遺憾の意を表明する異例の声明を発表した。

NPSはコメントを控えた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。