記事

「従米法案」野党の参議院の議論に期待する

10年ほど前、自衛隊の存在を違憲とする憲法学者が7割を超えていたという。

今は自衛隊合憲論の方が多いのか、それは知らない。

だが現行憲法の第9条を素直に読めば、第1項が、戦争放棄条項になっていて、第2項で「陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と書いてある。 

間違いなく自衛隊は違憲なのである。

小学生の時にこれを読んで、自衛隊があるのだから、憲法って大人の建て前なのだろうと思ったものだ。

大人になって、憲法第9条は、パリ不戦条約や国民の生存権を利用して、自衛隊合憲論をでっち上げたのだと知る。

馬鹿馬鹿しい欺瞞だ。

そして自衛隊を容認する国民が増えたから、憲法学者も自衛隊合憲論者が増えてしまったのだろう。 

だがわしは、それでも普通の国語力で第9条を読めば、自衛隊は違憲としか読めないから、憲法改正をするべきだと言ってきた。

「王様は裸だ」と言っているだけだ。

だが、合憲論の欺瞞が、とうとう集団的自衛権の議論で崩壊しつつある。

どうしても、第二の解釈改憲が必要になってしまうからだ。 

安倍晋三はもはや「憲法改正」は諦めたのだ。

ドイツのワイマール憲法が、ヒトラーの全権委任法で、効力を失った手口を実践したのだ。

解釈改憲で米軍に追従する道を選んだのである。

だが同時に「立憲主義」も「民主主義」も崩壊してしまった。

政権与党の99・9%が国民に説明できない、いや、安倍首相みずからも説明できない法案が衆院通過したのである。 

国際政治学者や軍事アナリストは、「立憲主義」を軽んじてもやむを得ない国際情勢のリアリズムがあるとするが、わしは中国の誇大な幻想に怯えているだけとしか見えない。

集団的自衛権が行使できない現状でも、個別的自衛権の充実と、平時の自衛権行使を整えるだけで、日本は守れるからだ。 

失うものの方が大きい「従米法案」のインチキを、参議院で野党はもっと効果的な議論を展開して、暴いてくれないだろうか?

期待している。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。