記事

2015年7月15日 民主主義の由々しき日

今日は衆院安全保障特別委員会での強行採決の日。先ずは朝、国対に多くの民主党衆議員が集まり今後の展開を確認。私も民主党質問から安保特の委員会室後方席に座り、質疑を凝視しておりました。

この2か月何度も安保特に出席もしてきましたが、今日の質疑を聞いても総理の質問は全く真正面から答えずはぐらかすばかり。「どういう事態が『存立危機事態』にあたるのか」「憲法との整合性は」という基本的な質問に対しても判を押したように「総合的に判断する」を繰り返しました。果ては自ら「国民の理解はまだ深まっておりません」と認めてしまう皮肉なまでの正直さ。ここまで国民の「反対」と「疑問」の割合が増加しつつある事を自覚しながらも結局は強行採決という運びとなりました。

委員長席には安保特委員が採決延期を迫り、国対役員が抗議を込めてその周りを囲みます。乱闘騒ぎはならぬ様、私たちは後方で「強行採決反対」のプラカードを掲げましたが、残念ですが採決が与党単独で行われてしまいました。

夕方、有楽町駅前にて民主党街頭演説会(写真1枚目、2枚目)。私が国民運動委員長として司会を務め、先ずは「与党の国会軽視は国会に代弁者を送って下さっている国民無視だ。ふざけるな。」と一吠え。現代民主主義国家として由々しき汚点を残す日となってしまった事を告げました。

枝野幸男幹事長、辻本清美政調会長代理、福山哲郎幹事長代理から訴えを頂き、広田一国民運動委員長代理から締めてもらいました。今後、国会審議は参院に移りますが党として国民の皆さんと一丸となった闘いはまだまだ続きます。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  5. 5

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  6. 6

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  9. 9

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  10. 10

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。