記事

小林節は従米アナリストと本気で闘え!

テレビ朝日の朝の番組で「従米法案」について、
小林節と小川和久が議論していたが、
小林節のヘタレぶりにはがっかりだ。

小川和久に対してなんであんなに腰が引けてるんだ?

テレ朝なのに小川に負けてどうする?

小林節はあんな怖い顔をして、やはり自分が権威主義
だから、軍事アナリストの権威に敬意を払うんだよな。

わしなんか、漫画家だから何の権威もないので、
天皇陛下以外の者に権威を感じない。

だから相手が学者だろうと首相だろうと、
暴力的に立ち向かう。

自分に権威があると思ってる者は、相手の権威に
遠慮してしまうのだ。

そもそも国際法と国家の憲法だったら、
憲法が上位に来るのは当たり前ではないか。

国際法が憲法に勝るという説は、百地章も主張してるのだが、
国際法にそれほどの権威があったら、もう世界平和は
実現してるわい。

中国だって、北朝鮮だって、アメリカだって、
現実には国内法を優先してるじゃないか。

砂川判決という国家の主権放棄宣言を根拠に、政治家や
憲法学者が米軍駐留を合憲としてきた欺瞞が、
現在のデタラメな状況を生んでいるということを、
言う論客はいないのか?

小川和久の理屈は全部、論破できる。

 

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  2. 2

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  3. 3

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  6. 6

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  9. 9

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  10. 10

    「戦後最大の危機」安倍首相会見

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。