記事

「国」はどこに向かおうとしているのか

基本的にはノンポリを気取っていたいのだけれど、やはりこれだけ大きなことがあったのに、そのことについて何も触れないのは社会人としてよろしくないと思うので、書く。

安保関連法案とかアベノミクスとか、いろいろあるけど、個別の課題を静止画的に見ていても正しい判断はできない。もっと大きな「文脈」の中で見ないと。彼らが最終的に何を目指しているのかは、ここにはっきり書かれている。

・日本国憲法改正草案

https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

憲法のことも法律のこともまったく詳しくないが、高校生レベルの読解力があれば誰でもわかる。これは「改正」なんてものではまったくなく、全く別物。「憲法」、「国家」の概念そのものを変えようとしていることがわかる。この文脈の中では、「9条改定」なんてかわいいもの。もっと怖いと私が思うのは下記の点。

・改正案前文

国民が国家を守るものだと明記して、「国民を守るために国家がある」という前提をあっさりくつがえしている。また、経済活動によって成長させると明記して、経済活性化こそが国家の繁栄であると宣言している。経済合理性がなによりも優先される国家になるということ。まあすでにそうなってはいるけれど。

・改正案99条

内閣総理大臣が緊急事態を宣言すれば、「何人も、・・・国その他の公の機関の指示に従わなければならない」。「お国のためなら犠牲になるように命じることもあるからよろしく」ってことをご丁寧に書いてくれたということ。

・改正案100条

衆参両議院のそれぞれの総議員の過半数の賛成で憲法改正への一歩を踏み出すことができるようになる。もちろん国民投票という手順はあるが。現状では3分の2が必要。過半数与党がいつでも憲法改正の国民投票にもちこむことができる。ときの政権が、国のありかたをころころと変えていいようになる。「じゃ、憲法って何のためにあるんだっけ?」という話。

・現行97条

「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権力は、過去幾多の試練に堪え、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。」をまるまる削除してしまっている。異様なことだが、改正案前文や改正案99条と合わせて考えれば、この条項が残っていると不都合であることが理解できる。つまり基本的人権の原則よりも、国を守ることのほうが優先順位が高いという全体主義宣言。

・改正案102条

「全て国民は、この憲法を尊重しなければならない。」とある。国民が、国家や権力を縛るために存在するはずの憲法。その主体と客体が逆転している。改正案では、憲法は、国家・権力ではなく国民を縛るものになる。

もちろん国家が滅んだら個人の存続も危うくなるわけだから、個人の利益追求よりも全体の利益を追求すべき状況があるってことは小学生でもわかる。でも、部分最適化と全体最適化はどちらが優先ということではない。車の両輪。

改正案が描くのはあからさまな「国家>個人」の国家像。こういう国になるべく進んでいきたいのかどうかという「文脈」の中で、国民は一人ひとりが持っているもろもろの「力」を使わなければいけない。

そもそもこの改正案は三年以上も前につくられて発表され、物議を醸したものだった。この前の選挙でも、その前の選挙でも、この国家像を承認するかどうかというのが大きな「裏テーマ」であったはず。なのにそれを忘れて、目先の「きびだんご」につられて、あるいは前政権への失望感からの反動で、うかつにYESボタンを押してしまった人も多いのではないか。今ごろになってやっと政権支持率が下がっていることからすると。

過去は変えられない。これからできることを冷静に考えよう。悪い法律はあとから廃案にすることもできる。今感じている理不尽をみんなが忘れなければ。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。