記事

「闘いは今日がスタート」枝野幹事長、世論を背に政権退陣へ全力あげる考え表明

 枝野幸男幹事長は15日午後、国会内で定例記者会見を開き、世論を背に受けて安倍政権の退陣に向け全力をあげていく考えを表明した。

 政府・与党が同日採決を強行した安保関連法案について「100時間に達しようとしている議論について、委員会審議をきちんと見ていない人の間では民主党議員の質疑を同じ論点の繰り返しだなどと言っている人もいるが、特別委員会のメンバーはもとより、そのサポート体制もしっかりと整え、多々ある論点を一つひとつきちんとやってきた」と述べ、答弁が右往左往するがゆえに同じ論点が繰り返される結果となったことはあるが、同じ内容の繰り返しの質疑は全くないと指摘。「大事な論点を国民の負託に応えて追及し、そのことによって問題を間違いなくあぶり出してきた」と振り返り、衆院安保特別委員会の委員、それをサポートしてきた議員、国対メンバーに対し「この間の努力に身内ではあるが敬意を表したい」と感謝を表明した。また、「強行採決は許さない」という姿勢で各野党と共同歩調を取れたことにも感謝したい」と話した。

 全国各地で「こんな法案は許さない」と多くの国民が抗議に立ち上がり声を上げていることにも触れ、「今日も炎天下の中で高齢者の皆さん、子ども連れの方、学生さんなど幅広い皆さんが国会周辺を囲み、あるいは東京に来られない場合は各地でネットや口コミなどを通じて安倍内閣の暴走をストップさせるため、立ち上がっている。そうしたたくさんの国民の皆さんには、この段階では(安保法案を)止めることができなかったことをおわび申し上げる」と述べた。

 その上で枝野幹事長は、「闘いはむしろ今日がスタート。60年安保の際には衆院の採決以降大きな世論のうねりがあった。そうした観点から言えば衆院の強行採決の今日の時点で、これだけ国民の大きなうねりになっていることに勇気づけられる。明日以降もしっかりと闘う」などと表明。ちょうど55年前の7月15日が岸信介総理の退陣の日だったことにも触れ、「安倍内閣の終わりの始まりの日は7月15日だったという結果をもたらすよう、全力をあげていく」と決意を表明した。

 「国会の中だけでは戦えないということのなかで国民世論を喚起することに努めてきたが、強行採決を受けて本日から本格的な街頭宣伝活動をさらに一段と強化したい」として、同日の東京・有楽町イトシア前での街頭演説を皮切りに自ら4日連続でマイクを握り、全国の11ブロックでも街頭演説を行う方針であることを説明した。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  5. 5

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  6. 6

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  7. 7

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  8. 8

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。